オダッシュ山1098m

雪の日勝峠のドライブを楽しんだ後、新得からオダッシュ山へ向かった。
畜産試験場で道の復旧工事のため左へ迂回。帰りは反対を通り迂回路を1周した。
理由は冬の登山では、畜産試験場で除雪が終わるため、下見を兼ねているためである。
登山口からの夏山は、富川から140km(往復280km)かけて「登る」には物足りない。


H29.11.05



e0352951_14362471.jpg

先客1台の後ろに止めた
小雪の降る中を歩き始めた



e0352951_14363136.jpg


高速のトンネルから側道まで水害の痕跡あり
洗掘の凄まじさが思いやられた



e0352951_14382443.jpg


憩いの水場の上で登山道が付け替えられていた
歩けば暑くアウターも手袋も脱ぐ



e0352951_14413762.jpg


地面は霜柱の上に雪が乗っている
足跡から先行者は一人と推定した
紅葉も終わり雪で展望も悪く、足跡観察に興じる



e0352951_14561821.jpg


前峰が見え、風が強まりアウターと手袋を再装着
後ろ(十勝平野)の展望は無い



e0352951_14585836.jpg


急登を登り詰めると前峰に到着
子供達の笑い声が懐かしい
山頂までの軽快な稜線で先行者が降りてきた
予想に反して女性の単独行だった



e0352951_15005276.jpg


山頂では雪がリュックに入るのが嫌で開けず
サホロやトマム、日高山脈は全て雲の中で、長居は無用と下山した



e0352951_15041963.jpg
山頂から前峰の稜線
樹氷の様な積雪を楽しんだ



e0352951_15042696.jpg


殆ど下山して明るくなった
2+1+2人のパーティー3組とすれ違った

7:53登山口→9:36前峰→9:51山頂→11:08登山口


雪の日勝峠を再び越えて平取温泉ゆからで暖まった。沙流川温泉は普段の風呂代わりに入っているため、休みの日くらいは別の入浴施設に入りたい。
ひだかの山を歩いて、心身ともにリフレッシュできた。次は、晴れた冬の日に、展望を楽しみたい山である。
冬は、距離も長くなって意外と歩き甲斐のある登山となり、雪山の魅力は尽きない。



by tmurakami0520 | 2017-11-06 17:21 | 山行記 | Comments(0)

山が好きな内科医のつぶやき


by tmurakami0520
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31