人気ブログランキング |

医師住宅裏庭の除雪~12月

日高町日高地区にある医師住宅は、門別地区と違って、急峻な落雪屋根である。
屋根の雪下ろしの必要は無いが、雪が積もると、ドンドン雪が落ちてくる♪



e0352951_10560856.jpg

12月6日の裏庭は雪は大したことが無かった。
今思えば、この時作業を開始すれば楽に除雪出来たのだが・・・



e0352951_10561585.jpg

居間から積み上がってきた雪を眺める
落雪した雪が頂上で跳ねてガラスを叩く様になった
診療所の職員に聞くと過去には落雪でガラスが割れた事があるという



e0352951_10585035.jpg

10日にもまとまった積雪があったが、11日朝、窓は割れていなかった。
12日朝、散歩をやめてまず居間の前の雪を除雪した。
氷点下10℃を下回り、表面がガリガリに凍結し除雪には工夫を要した。



e0352951_11145362.jpg

これで居間の窓に落雪が跳ねる事が無くなった



e0352951_11154376.jpg

左上のエアコン室外機に屋根から落ちた雪があたって、結構な音がする♪
左端中央やや下の突起はFFストーブの換気口である。
続いて、こちらを除雪する事にした。



e0352951_11173392.jpg

15日(金)朝、窓に防御板が置かれ、ストーブの換気口は完全確保。
除雪は氷結して、遅々として進まない。



e0352951_11215250.jpg

17日さらに積雪があり、18日(月)除雪機が入った庭(表)。
氷結した雪を割るために持ってきたシャベルが玄関風除室右に。
12日温度計を風除室右の柱に設置した。



e0352951_11272581.jpg

18日朝7時06分の外気温は-13℃を示していた。
アメダスデータでは-17℃だった。
雪はさらに固く凍結していた。



e0352951_11292380.jpg

19日朝も、散歩せず、除雪に励んだ。
シャベルで雪を叩き割り、塊は手で運んだ。
右端下の軒下換気口を掘り出した。



e0352951_11315972.jpg

楽しく除雪しよう(*^^) 雪を運んで、雪山を丁寧に作る。
右の書斎の軒下換気口やFFストーブの換気口は、落雪量からも安全圏。
軒下換気口が塞がった左の和室の除雪に取りかかった。



e0352951_11345869.jpg

雪山はまだ低い。
生け垣の高さ(約2.5m)に到達したら、カマクラを作る算段である。



e0352951_11410588.jpg

腰痛を避けるため、散歩の後少しずつ除雪し、今朝(22日)和室前もほぼ除雪出来た。
雪山は2mを超えた。
来週はクリスマス寒波、年末寒波で、積雪が見込まれる。

「裏庭」は生け垣に囲まれ、外から見えない。
診療所の医師が、除雪「運動」と雪山作りに励んでいる所は見られない。
密かな楽しみを見出している。

表の庭は広大過ぎて、私の力で、限られた時間で除雪は無理である。
裏庭には機械が入れないので、機械でやれば10分の仕事を、何時間もかけて、
腰背部の筋肉痛と戦いながら除雪している。

気温測定も趣味。
今朝は何℃か、目が覚めれば4時台から測定に出る。
アメダスデータと比較して、気温計は1℃高い。
車の気温計は2℃高い。
「精度管理」を行い、-30℃の世界を楽しみにしている。

「予の辞書には寒いという言葉は無い」
何℃になれば、「寒い」と感じるのだろうか、楽しみ(*^^)
厳冬期日高山脈でも暑さを感じても、寒さは感じた事が無い(笑)

by tmurakami0520 | 2017-12-22 11:57 | つぶやき | Comments(0)

山が好きな内科医のつぶやき


by tmurakami0520
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31