帰省2018



謹賀新年

今年もよろしくお願いいたします

12月31日両親の実家に帰省した。2年連続の帰省である。
北海道に移住して最初の10年間は帰省せず、6月など季候の良い時に北海道に両親を招待していた。
父も男性の平均寿命を超えて、母は足腰が弱り、昨年は白内障の手術も受けた。
地域医療に全力を尽くすのも大切だが、老いた両親に少しでも親孝行をしたい。
1月中旬から5月末までは、親に何があろうとも顔を見せることが出来ない(重度の花粉症)。



e0352951_05430142.jpg

新千歳空港にて乗る便。
空港でポッケさんに声をかけて頂き驚いた。このブログで多くのコメントを頂いていたが、初めてお目にかかった。
ポッケさんは東南アジアに。



e0352951_05463642.jpg

北海道の天気は低気圧接近中だけど良くて、
Hiroは機中で樽前山や羊蹄山を家内に説明していた。
昨年は大阪伊丹空港だったが、今年は関空に。



e0352951_06002348.jpg

関空からは特急「はるか」で京都へ。
車窓からの懐かしい風景に思いをはした。

京都から東海道本線に乗り換え、新快速で「南草津駅」へ。
15分に普通、快速、新快速が走る都会の便利さが逆に新鮮さを感じた。
1時間に12本が行き交い、通勤時間帯は3分に1本近くなる・・・

南草津駅に迎えに来てくれた両親と再会。
歩ける距離だけど、荷物が重い。
年越しソバで2017年を締めくくった。



e0352951_06004051.jpg

朝はイヌの散歩から始まった。
戌年にちなんで、父と愛犬たち。



e0352951_06100128.jpg

竜王山から初日の出。
残念ながら、雲が左から右へ流れていて、これでおしまい。
左端の鶏冠山も何回登ったか数を知れず、竜王山が600m余りで「湖南アルプス」と呼ばれている。
登ったと言えば、ここから見える比叡山や比良山地に至っては全てのピークとコースを踏破済み。
近江富士と呼ばれる三上山も勿論長女を背負って登った。



e0352951_06101102.jpg

2日椿咲く南草津駅へ。
子供達の社会勉強のため、まずは京都へ。



e0352951_06180939.jpg

父親(私)が学んだ大学へ。
がん治療センターも完成していた。



e0352951_06181993.jpg

医学部講義棟。
私が1987年に卒業したときは勿論、平成3年まで大学院に学んだ時もここは駐車場だった。



e0352951_06193321.jpg

河原町通りから京都府立医科大学附属病院を撮影した。
右端のさらに右に基礎医学研究棟があり、大学院時代の古い研究施設の面影は皆無だった。
昔の看護学校の跡は生協になり、医学部看護学科に発展して新しい講義棟へ。



e0352951_06194163.jpg

鴨川を歩いて南下した。
夏は納涼床が出て賑わう右手の料亭群。
大きく変わった大学病院に比べて、変わらない町並みに癒やされた。



e0352951_06282248.jpg

河原町三条で昼食を食べ、寺町通りへ。
戌年の干支が飾られていた。
思い出が頭の中で交錯する。
学生時代から北海道へ移住するまで、京都の町は良く食べ歩いた。



e0352951_06283488.jpg

京都駅に戻り、北海道には函館にしかない新幹線をHiroに「体験」させる。
新大阪まで乗って、新大阪駅で、私も初めてみた「さくら」(九州新幹線)が鹿児島から到着。



e0352951_06332481.jpg

懐かしい大阪駅は新しく建て変わっていた。
Fiveの観覧車に乗りに行く。
阪急の地下街も迷わず一発で到着できた。



e0352951_06333875.jpg

久しぶりの人混みをかき分け、観覧車に家族で乗ってほっとした。
大阪駅と東海道本線、大阪環状線・・・
大阪駅も新大阪駅も、京都駅も新しく完成していた。
時代の流れを感じさせられた。




e0352951_12254536.jpg

阪急梅田駅と阪急百貨店、駐車場。
懐かしい眺め。



e0352951_12261526.jpg


ドンキホーテと阪神高速道路。
住んでいた時は地方都市と思っていた大阪の町並みが、大都会の様に見える。



e0352951_12302327.jpg

次女とツーショット。
毛嫌いされない親父になれて嬉しい(*^^)



e0352951_12310902.jpg

大阪の市街地を見渡して、田舎での生活が身上にも合っていると感じた。
大阪駅から新快速で南草津へ向かった。

夕食後スーパームーンが見えたが、直に雲に隠れ写真に撮れなかったのが残念であった。
天気に恵まれ、水仙も咲く春の京阪を歩き、思い出と、新しい町並みを胸に焼き付けた。


Commented by ポッケ at 2018-01-06 23:44 x
ほとんど話は出来ませんでしたが
お目にかかり嬉しかったです
 
tmurakami0520さんも
単身赴任生活、エゾシカとの再度衝突
BMW手放し、子供の成長と日々変化がありますね
 
この時はカンボジアへ
プノンペンでトゥール・スレン博物館とキリングフィールドで、
ポルポト政権の残虐さに、胸が締め付けられ
シェムリアップでは、多数点在するアンコールワット遺跡群を
炎天下の中歩き回り、頭がクラクラした旅行でした
Commented by tmurakami0520 at 2018-01-07 16:43
ポッケさん、コメント有り難うございます。
機内持ち込みチェックで気が付かず失礼しました。

BMWを手放し、ワープせず真面目に運転しています。
それでも、エゾシカは手強いですね(ToT)

ポッケさんの感受性豊かなブログ。
私は暑い所は苦手ですので、カンボジアでの旅行記、楽しみにしております!
by tmurakami0520 | 2018-01-03 13:39 | つぶやき | Comments(2)

山が好きな内科医のつぶやき


by tmurakami0520
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31