Hiroの13歳の誕生日

三段山の記事投稿日はHiroの誕生日だった。
ブログ(日記)ではこの記事を先に投稿し、「2018.02.03」を付けた三段山本編を後にすべきだったのかも知れない。

このブログは幌尻岳テント泊から開始し、10歳になった長男との本格的親子登山を記してきた。
2017.11.03からは私の人生を記すことにした。

2016.09.17ペラリ山で息子の両側の母趾に「陥入爪」(巻き爪)があり、化膿している事に気付いた。
皮膚科での治療は一進一退で、登山もスキーもキッチリとした靴を履くスポーツは不可能だった。
1年経っても治癒しないので、形成外科を受診する様に指示し、今年になり両側の母趾の爪を全抜爪した。

爪を除去して、異物の無くなった母趾は、腐敗した肉芽も縮小し治癒へと向かっている。
新しい爪が生えて来ており、治癒すればスキーや登山も可能になる。
中学生なので、何をするかは本人の自主性に任せる教育方針だ。



e0352951_03293381.jpg

2006.06.18 3月26日日高門別に移住し、当時の医師住宅で1歳4ヶ月のHiroと父と次女(5歳)。
巻き爪は息子の「祖父」由来の遺伝であった。

祖父はいまだに食い込む爪を詰め切りでカットしているという。
祖父には花粉症はないが、息子は父親から花粉症を遺伝している。
私の母から伝わる嫌な体質である。次女はいずれも引き継いではいない。

北海道に移住して来月、3月26日で12年となる。
1歳で移住した息子は「道産子」に育っているが、生まれは京都である。



e0352951_03091726.jpg

インフルエンザは北海道でも猛威を振るっており、人混みには行きたくない。
息子の希望で日高診療所の医師住宅のかまくらへ。
熱いカフェを親子で楽しんだ。



e0352951_03100961.jpg

建設中の2基目のかまくらの上に立つ。
息子は身長は160cmを越えている。祖父と父は174cmで、今年中に追いつかれる可能性がある。
生け垣の高さ2.5m+積雪と人物を入れる事でかまくらの規模を表現してみた。



e0352951_03443288.jpg

ソリの滑り台も爪先を使わないように試滑走。
短い時間だったが、童心にかえって雪遊び。

親子とも雪が大好きであるが、祖父からの三代にわたって希代の暑がりは私だけである。
ルーツは思い当たらないと祖父が言い、私を「エスキモー」とあだ名する。

何度も触れているが、北海道への移住の動機は超重症の花粉症であり、暑さが原因では無い。
冬の北海道でも十分暑い(笑)。
スギ・ヒノキの花粉症から解放され、この時期でも快適に過ごせている。



e0352951_03533143.jpg

帰りの車中にて。
人は息子を父親のコピーの様だと言うが・・・

iPhoneⅩのカメラ機能を試してみた。
PCに転送してHeic形式→Jpeg変換と1つ手間がかかるが、画質は格段に向上している。



e0352951_03575037.jpg

息子の誕生パーティーは、息子の希望でこの店で「乾杯!」
私の贈り物は、息子のリクエストのCD3枚組アルバム。



e0352951_04010355.jpg

自宅では、誕生日ケーキではなくハーゲンダッツのアイスクリーム。
そもそも息子は大のイチゴ嫌いなので、これまでケーキ選びが大変だった。
イチゴ嫌いは誰にも似ておらず、一過性の嗜好だと思うが・・・

爪の完治まであと少し。
完治すれば家族でスキーかな。
たまには、親父と山に一緒に行って欲しいと願った1日だった。

by tmurakami0520 | 2018-02-05 04:07 | つぶやき | Comments(0)

山が好きな内科医のつぶやき


by tmurakami0520
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31