人気ブログランキング |

京都風かまくら落成! 後編 2018.03.07

前編のつづき、
3月に入り、かまくら作りは佳境を迎えた。



e0352951_02363022.jpg


かまくら1号基-連絡通路-かまくら2号基 
内部を拡幅し座るスペースを作成
天井の高さは1.8mを基本としたが、素人なので直線化が難しい。



e0352951_02392139.jpg

かまくら2号基-連絡通路-かまくら1号基
黄砂で汚染された雪を使った事を後悔している。(2月の3連休)



e0352951_02433586.jpg

3月1日連絡通路の開窓部を閉鎖を開始した。
これにて、2基のかまくらは1基の雪像へ一塊となっていく。



e0352951_02462694.jpg

3月2日(金)大雪が降り、3日(土)4日(日)はスキー旅行へ。
大雪で雪像は成長した。



e0352951_02521065.jpg

3日(土)朝、大雪に雪像が埋まっている様な裏庭



e0352951_02524578.jpg

単なる雪の山と化していた。
富良野スキー場へ行き、いちいの宿で宿泊。
4日(日)は朝から雨だった。



e0352951_02573057.jpg

春の嵐、雨でへたってしまった雪像をトリミング開始



e0352951_02580137.jpg

雪像のアウトラインを切り出し、整形した。
続いて、雨をかぶった雪を切り出して石垣積みを行った。



e0352951_03010117.jpg

7日全ての雪を使って雪像は完成した。
まだやりたい事はあったが春の嵐が近付いていた。



e0352951_03040106.jpg

石垣の城砦への登る通路



e0352951_03073084.jpg

元かまくら1号基の上を通る通路。
雪像の生け垣側の壁の上を通っており、強度は抜群である。
間違っても右の生け垣へ落ちれば、生け垣の高さが2.5m+積雪で3mは越えており脱出は困難を極める。



e0352951_03095474.jpg

通路を元2号基側から。
展望抜群で、椅子となる雪のブロックを置いてある。
生け垣は雪で隠され、陥穽とは気付かない。



e0352951_03155149.jpg

元1号基の入り口から雪像内部へ
診療所職員が撮影



e0352951_03163604.jpg


元かまくら1号基内部である



e0352951_03193066.jpg

通路にも椅子を設けて、中央にランタンを吊してある



e0352951_03221105.jpg

元かまくら2号基の空間は広い。
看護師、検査技師、事務職員ともに、この雪像を一人で作り上げた事に感嘆していた。



e0352951_03261596.jpg

2号基から出て、左側に進む。



e0352951_03270058.jpg

裏庭のコーナーまで雪像の石垣とした。
雪像への階段を上る。



e0352951_03303696.jpg

雪像の上の通路を通り1号基側へ降りる。
雪像内部(雪洞)もさることながら、狙い通り、この通路が職員には大人気。

日高の街、遠く日高国際スキー場まで見渡せる。
逆に、町民からも見えるため、長居は出来ない(笑)
童心に帰って、笑顔と笑い声が絶えない落成記念公開であった。

8日の日中も、7日に訪れる事が出来なかった職員を案内した。
趣味と体力作りのために、何の価値も無い、溶けて消える雪像を完成させた。



e0352951_03350590.jpg

8日夕方、大急ぎで春の嵐に備えて入り口を雪のブロックで閉鎖した



e0352951_03355010.jpg

出口の様子。

8日19時頃から雪が降り始め、24時前に本降りの雨となった。
雨は9日15時まで続き、降雨量は100ミリを超えた。
日勝峠は通行止めとなり、JR全線が不通となった。

3ヶ月にわたり作業(運動)し続けた「かまくら」はいずれ溶けるものである。
しかし、この大雨にも耐え抜いて天井が崩落しなかった。
「雪像」としてはアウトラインは原型を留めない無残な姿になってしまったが。

基本骨格は50cmから100cmの厚さの雪(氷)で、溶けて厚さを減らしたが生き残った。
冷え込みと降雪があれば続編の日記が書けるかもしれない。

by tmurakami0520 | 2018-03-10 03:54 | つぶやき | Comments(0)

山が好きな内科医のつぶやき


by tmurakami0520
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31