樽前山1022m~本編 2018.03.25


H30.3.25


5時25分雨の上がった道道樽前錦岡線を歩き始めた。



e0352951_09451493.jpg

気温0℃もあり、汗をかかない様に次々と脱いでリュックへ。
今回から長袖は春山仕様。アンダーは年中真夏仕様だけど。



e0352951_09464752.jpg

どうも体が重いのは暑さのせいだろうか。
1時間20分かかって5合目到着。休憩。



e0352951_10212127.jpg

7合目ヒュッテは残雪で入り口が地下の様になっていた。



e0352951_10233883.jpg

この付近から上は雪だった様だ。
雲もどんどんあがっていく(*^^)



e0352951_10243159.jpg

クラストしていて登りやすい!
EVOで直登する(なるべく右側風上へ向かう)



e0352951_10253968.jpg

アイゼンは必要ないが、ツボ足の方が楽かな。
青空に向かって登り詰める。



e0352951_10272821.jpg

8時39分東山山頂に到着。
風は強いが天気は回復傾向にあり、溶岩ドームを周回することにした。



e0352951_10345486.jpg

主な噴気孔は3-4カ所。風は北西。
左奥の西山を回る。



e0352951_10370705.jpg

まだ支笏湖は霞んでいる。左に風不死岳。



e0352951_10394241.jpg

東山を振り返る。
太陽が嬉しい。



e0352951_10513328.jpg

反時計回りに溶岩ドームを回り風上から接近(GPSログ参照)
何となく緊張するが、噴火すればどこに居ても命は無いハズ。
あの、御嶽山の悲劇は一生忘れられない。



e0352951_10521500.jpg

スノーシューを脱いで登るかどうか迷う。噴気孔は直ぐ近くだ。
岩石が不気味な世界を醸し出していた。
勇気が出ず、ここで撤退。



e0352951_11162264.jpg

溶岩ドームを下り、西山へ。
右側から周り、あの雪庇を乗り越えて山頂へ。



e0352951_11180267.jpg

溶岩ドームを振り返ると、かなり危険な所まで行って来たと感じた。
風も無く、西山は最高の「春山」で昼食を食べた。



e0352951_11183180.jpg

支笏湖と風不死岳、恵庭岳。
いつもと違う角度が新鮮なイメージ。



e0352951_11225555.jpg

左端にホロホロ-徳舜瞥山、見える予定の尻別山-羊蹄山は中央に見えず。
ポカポカ陽気でノンビリした。
外輪南側の雪はザラメ~腐った雪だった。



e0352951_11234026.jpg

風下の有毒ガス危険地帯から見た溶岩ドーム。
これが見納めになったが、最も美しかった。



e0352951_11255292.jpg

中央が苫小牧市街地。
日高山脈は雲の中だった。



e0352951_11271301.jpg

腐った雪のトラバースはきつく、東山に登って北側を下った方が楽だったはず。
トラバースも終盤、支笏湖は本来のブルーに(*^^)
7合目ヒュッテで休憩して長い道道をスノーシューで歩いた。



e0352951_11294342.jpg

5合目でパンとコーヒー(予備に常備)、お握りを食べた。
それでもスノーシューを履いたまま18kmを超える歩行は堪えた。
ピリカヌプリは往復20kmある。体調を整えないと・・・(~_~;)



e0352951_11304189.jpg

ゲートに到着。


5:25ゲート→6:45五合目→7:46七合目→8:39東山→9:19溶岩ドーム→9:45西山(昼食1)10:05→11:20七合目→12:20五合目(昼食2)12:35→13:35ゲート



e0352951_13185676.jpg


【山頂部GPSログ】溶岩ドームの地質に興味があった



e0352951_13192656.jpg

【GPSログ】道道歩きは長い


春山シーズン真っ盛りに樽前山。距離を歩く訓練を兼ねていた。
アップダウンと岩場のある日高主縦走路をアイゼン歩行ならどうだろう?

山は楽しむためのもの。
体調も考えて次の山に挑戦したい。

by tmurakami0520 | 2018-03-27 13:31 | 山行記 | Comments(0)

山が好きな内科医のつぶやき


by tmurakami0520
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31