人気ブログランキング |

ガーデニング in 日高~GW前

e0352951_13014331.jpg


日高地区にあるキャンプ場に咲く水芭蕉



e0352951_13032953.jpg

夏が来れば想い出す、遙かな尾瀬遠い空♪♪
庭の雪が溶け、すっかり夏を迎える季節となった。



e0352951_13041968.jpg

朝の散歩で栗の木にクマゲラを発見、近付くと蝦夷椴松に逃げた。
野鳥のさえずりを聞きながら散歩する贅沢。

医師住宅は生け垣とシラカバやナナカマド、ライラックの植樹があるが花壇が無い。
許可を得て、芝(殆ど雑草)を剥がして花壇の造成を開始した。



e0352951_13103949.jpg

車の入り口、生け垣の外側に試験的に作った花壇。
チューリップは解体工事前の花壇から、福寿草は沙流川の道端から調達。
ムスカリはマイホームから移植。雨が降り始めた。



e0352951_15154266.jpg

ロータリー中央に深く土を掘り下げて土を入れ替えて造った花壇。
球根や宿根草を中心に植えてバラも。
ここは水はけが良いが、シラカバ等の落ち葉のため芝桜は植えない予定。



e0352951_15163095.jpg

角度を変えて撮影。左端がバラで、ダリア、カサブランカX3を中央の列に植えた。
チューリップやムスカリ、宿根草の間に1年草を植え込んでいく。
左奥にオーブリッチエアカスケードブルー専用の区画を作成。



e0352951_15204181.jpg

紫の花の蕾状態のオーブリッチエアカスケードブルーを自宅から株分けした。
写真では芝と区別がつきにくい。
60cm四方に芝を剥がしたが、秋には成長してはみ出すであろう。



e0352951_15233177.jpg

造成順に表庭の北西花壇。掘り起こした石はまとめて中央上部に。
チューリップはサブで夏の花ルピナスの種を大量に植えてある。



e0352951_16032545.jpg

表庭の中央花壇。
ロータリーの花壇に準じて土壌改良し、上部にブロックを置いて芝桜を植えるスペースを造った。

支柱近くにはバラとダリアの球根を植え込んである。
色合いを考えパンジーも。



e0352951_15262927.jpg

北西の角にルピナス花壇を造った。
ここはあまり掘り起こさず、土壌改良は堆肥+「庭の土」のみ。
この杭にルピナスの種の袋を埋め込んでいる。



e0352951_15302170.jpg

南西の入り口近くにコスモス花壇を造成。
コスモスは品種を変えて花壇を造成する計画である。



e0352951_15331097.jpg

表庭の北西側中央に右側にルピナス、左側にコスモス(早咲き)
おおよそ1m20cm四方に芝を剥がし堆肥と土を入れた。



e0352951_15352193.jpg

かまくらの残骸の雪は4月22日(月)に完全に溶け去った。裏庭の犬走りを利用した花壇。
水はけが悪く、土を掘り起こして堆肥を入れて土壌改良し、足りない分は「花壇の土」を入れた。
自宅からオダマキも移植した。

「花壇の土」は1袋25Lで700円+税で、すでに12袋を使い切った。
このペースならあと20袋くらい必要である。



e0352951_15444018.jpg

雪の消えた裏庭と育苗中のリビング。
4種類170株のマリーゴールドを育てている。
GW明けには外へ出し、5月末には花壇に植える事が出来る予定である。



e0352951_15451172.jpg

順調に生育している。
付箋で4種類の苗の花の色が分かる様にしている。
今年は土とカバーの有無で育苗条件を分けて、生育状況で来年以降に役立てる。



e0352951_15513128.jpg

プランターも作り、玄関を彩っている。
風防室内でもダリア+αを育苗ちゅうである。

昨年は花の無い無機質な庭だったけど、今年は色とりどりの花を咲かせて、心豊かに過ごしたい。
なるべく球根と宿根草を植えておけば、私が去った後も花を咲かせ続ける。

ルピナスやコスモスは種を飛ばして広がっていく・・・

by tmurakami0520 | 2018-04-25 15:57 | つぶやき | Comments(0)

山が好きな内科医のつぶやき


by tmurakami0520
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31