人気ブログランキング |

リビラ山1291m周回コース~序章 2019.03.30

e0352951_18313057.jpg


1305P(自己測定)からリビラ山 



北海道は晴れの予報に、夕張山地や十勝連峰にも食指が動く。
この時期は雪の状態は現地に行かなければ分からない。
ある程度予測が付くホームの日高、それもリビラ山に狙いを定めた。

リビラ山は夏道でも2回登頂し、夏山ガイドに写真を提供した。



もう整備されなくなり廃道になった可能性が高い。
夏季の登頂は、ダニ・ヒグマそして藪との戦い。
エキスパート向けと言えよう。

積雪期は藪が雪に埋まり、地図読みさえ出来れば貫気別山より容易。
ただし周回コースは体力を含め「山の総合力」が試される。

2014年3月15日リビラ沢側から登頂し、周回した。
今回は積雪期2回目の登頂を初登と逆周回。
しかも下山ルートは初めて歩くコースにした。



e0352951_18333657.jpg

サマータイムの3時起床し、門別のセブンへ向かう。
気温は-7℃と嬉しい冷え込み(雪が締まる)。



e0352951_18551558.jpg

林道での車の気温は-8℃(実際は-10℃)。
家から58.7kmと近いホームの山。
朝食後登山準備をした。



e0352951_19005579.jpg

5時17分、出発した。
奥の山の左がリビラ山、尾根繋がり右のピークが樺司山1111m。
雪解けが進んだ出発地点の標高は330mである~続く

by tmurakami0520 | 2019-03-30 19:09 | 山行記 | Comments(0)

山が好きな内科医のつぶやき


by tmurakami0520
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31