人気ブログランキング |

カテゴリ:つぶやき( 129 )

山の日の3連休、日高門別は雨や霧雨だった。
昨年は雨を抜けて羊蹄山を登ったけど、今はまだ静養中。
血尿もようやく止まったけど、ガーデニングも自制している。

8月11日(日)山の日、霧雨の中家族でドライブに出かけた。



e0352951_09171856.jpg
苫小牧西ICで降りて、Fleur Blancでパンを買った。



e0352951_09135721.jpg
昼食のパンを2個指定して、家内と帰省中の姉妹が買い物中。
ガーデンの花を愛でた。
ちなみにHiroは高校受験のため塾で勉強のため留守番。



e0352951_09215901.jpg
錦岡から樽前山を横切って幌美内キャンプ場で支笏湖の風に涼んだ。
東京の大学からの次女、札幌からの長女にも、雄大な自然に癒やされる時間だ。



e0352951_09281461.jpg
筋肉が削ぎ落ちた静養中の姿で失礼します。
恵庭岳やイチャンコッペ山の登山者の車が多く「山の日」を実感した。

リハビリ開始の判断は16日の結果次第。
霧雨の日高路を戻った。



★★★ OLYMPUS Tough TG-6 ★★★



e0352951_09464276.jpg
帰宅するとTG-6が届いた。
TG-2、4、5に続いてバージョンアップ。
今回は画像の基本部分の更新はないため、TG-5の様に入手に時間がかかる事は無かった。



e0352951_09505320.jpg
TG-6をTG-5で撮影。
外観の変化も殆ど無い。



e0352951_09522575.jpg
変化が無い方が使い勝手が良い(笑)
マニュアルを読むことほど欠伸の出る物は無い。



e0352951_09551703.jpg



e0352951_09580220.jpg
右にTG-2、左にTG-5。TG-6で撮影。
TG-4はHiroが使っている。



e0352951_10001445.jpg
2017年10月から愛用していたTG-5。
次女に譲る事にした。

防水防塵、耐衝撃性に優れ水中撮影も可能という。
-10℃対応で、山での使用に重宝している。
-23℃、強風下での動作に問題なかったToughさ。

TG-4で画質が良くなり、TG-5は4K対応になった。
1200万画素と控え目なため、画像データが圧縮後2.3Mバイトと小さくて良い。
手軽に撮影し、ブログに記録して行きたい。

by tmurakami0520 | 2019-08-12 10:32 | つぶやき | Comments(0)

ガーデニング~2019夏

入院前は激しい運動(登山)を避け、自宅の庭の手入れを行っていた。
退院後は血尿のため、花を愛でて療養。



e0352951_10170612.jpg
古くなった人工芝は風で剥がれ、トリミングをして花壇に。
残った人工芝の上にチョコ板(30X30X6cm、12kg)を並べた。
チョコ板の上を歩けば、「秋桜街道」



e0352951_10260959.jpg
花壇と分けて、防草目的の人工芝はチョコ板と玉砂利で置き換えた。
足かけ11年、花の手入れと草取りに明け暮れた。



e0352951_10300484.jpg
6年の経年変化で人工芝も防草シートもボロボロで、花壇から種を飛ばして様々な花が勝手に増えた。
もちろん、雑草はこまめに根こそぎ抜いている。
ガーデニング作業の9割は草取りと言っても過言では無い。



★★★ 2014年の様子
e0352951_10340589.jpg
雑草が生えない様に隙間無く防草シートを敷き詰め人工芝を張った。
ペグ打ちして風で煽られて痛まない様石などを置く。



★★★ 2010年の様子
e0352951_10380816.jpg
花壇はまだ寂しい限りだけど、草取りの作業軽減に人工芝を貼った。
10年の経過でラベンダーやムスカリが地面を覆い、さらに中央の人工芝もラベンダーやオーブリッチエアに覆われた。



e0352951_10444196.jpg
ガーデンストーンをアクセントに薔薇の花壇。



e0352951_10463712.jpg

人工芝はラベンダーに覆われ、チョコ板を敷きつめた。
犬走り側は人工芝が剥がれ花壇に。(雑草は写っていない)



e0352951_10515135.jpg
剥がれる前の人工芝の隙間に種を落として勝手に生えたコスモス。
かなり間引きをした。



e0352951_10540773.jpg
左のルピナスに押されて、オーブリッチエアが右へ進出。
今年植えた赤い花(サンパチェンス)が彩りを添えている。

暑さと排尿時痛と血尿に苦しんだ夏期休暇だったが、花を愛でて耐えた。
1週間を経て、排尿時痛は消え、血尿も僅かとなった。
尿道痛も治まり、ようやく散歩が可能になった。

とは言え、「山の日」3連休はまだ山には行けない。
台風が接近しても全然悔しくないのは、やはり普通ではない。
ゆっくりと自分を取り返していきたい。

by tmurakami0520 | 2019-08-08 13:01 | つぶやき | Comments(0)

夏期休暇2019

ハクセキレイは前回記事の翌日に巣立った。
いつもは歓喜雀躍として迎える夏期休暇入りだけど、帰路の足は重かった。

週末は天候も悪く、門別国保病院に紹介入院中の患者を見舞いに行き、
週明けはガーデニングに汗を流した。

30日(火)人生初の入院。
麻酔科の診察が終わると、回診までのんびり過ごした。



e0352951_08410143.jpg
ディルームからの展望、日高山脈は雲で見えなかった。



e0352951_08552162.jpg
苫小牧市中心部方向の展望。



e0352951_08572579.jpg
病室は希望通り個室(特別室)。
午後から西日が入り、暑さに悩む事に。
シャワーを浴びたけど、すぐに汗だくに。



e0352951_08583185.jpg
夕食後絶食のため、しっかりと食べた。
入院の食事は自己負担になってから随分改善された。



e0352951_09051096.jpg
31日(水)点滴が始まった。
11時過ぎ、歩いて手術室へ入った(緊張)。

初めての全身麻酔は意識を失っていて記憶が無い。
麻酔から覚めた時、上の前歯(虫歯治療後)を確認し上手に挿管してくれた事に感謝した。

尿管鏡検査は無事に終了した。

プロスタグランジン製剤だろうか、腸蠕動でガスがS状結腸を通るたびに膀胱が刺激されて痛んだ。
ベッド上安静の長い暑い夜を耐えた。



e0352951_09082433.jpg
8月1日朝6時、安静解除になった。
初めての膀胱留置カテーテルと左尿管留置カテーテル。

レントゲン撮影に初めて車椅子に乗った。
脱力と微熱で気分が悪かった。

回診後、留置カテーテルは抜去されてスッキリした?
尿管留置カテーテル抜去時の痛みの後、
ここからが、排尿時痛と血尿の戦いが始まった。

点滴が2000ml/日あり、暑くても尿は10回を越えた。
排尿時痛と激しい膀胱の痛みに耐えきれず、鎮痛剤を出して貰った。
安静解除されても、食事やトイレ以外はフラフラで事実上ベッド上安静状態。



e0352951_09230997.jpg

2日(金)退院の日を迎えた。
食事はずっと完食したのに、筋力が1/3位に落ちてフラフラしていた。
精算に1階へ降りると、左尿管痛が始まった。

酷暑の日高道の帰りは、振動で左尿管痛との戦い。
唯一の救いは、尿管に腫瘍が見られなかった事だ。
分腎尿細胞診の結果はお盆過ぎ。

全身麻酔の体力消耗は凄い事を実感した。
予防接種を控えるのは当然だと体験できた。
来週からの仕事に備えて、血尿と排尿時痛との戦いが続いている。

by tmurakami0520 | 2019-08-03 10:13 | つぶやき | Comments(0)

ハクセキレイの雛

診療所の裏、特養の駐車場との間の敷地にハクセキレイが巣作りした。
何と所長室の窓から3m位離れた地面に。

「チチン」「チチチッ」と甲高い親鳥の鳴き声に混じり、
「チチチチ」と雛の餌をねだる鳴き声が可愛い。



e0352951_13550173.jpg
7月17日の巣の様子。
親鳥が近くにいると口を開けて雛が鳴く。

このブログの写真は全てオリンパスのTGシリーズ(デジカメ)。
窓を開けて望遠で構えていても親鳥を撮影するのは困難。



e0352951_13582219.jpg
窓は閉じたまま、カーテンの隙間から給餌の瞬間を撮影に成功!



e0352951_14045590.jpg
次の瞬間こちらの気配に気付き、さっと巣を離れる親鳥。
窓を閉めていても、カーテンの揺らぎだけで警戒された。
以後、TG-5の赤いボディが災いして?親鳥の撮影は失敗続き。



e0352951_14090599.jpg
今朝、窓を開けると、雛は随分大きくなっていた。
巣立ちが近付いているので、巣に近寄って撮影する事にした。



e0352951_14110908.jpg
4羽の雛で巣が狭苦しい。
左後ろの雛が一番大きく前列左が一番小さい。
皆、丸々と成長していた。

カラスや猫、ヘビが通らない場所を巧みに使った営巣。
人の気配に敏感だが、車や人が近くに居るから得られる安全。
ハクセキレイは本州に分布を広げていると言うのも納得出来る。

来週は夏期休暇を取得していた。
休暇明けには巣立っているはず。
夏期休暇には人生初の入院と全身麻酔の処置が予定されている。
試練を乗り越え、いつかまた山を訪れたい。

by tmurakami0520 | 2019-07-23 17:39 | つぶやき | Comments(0)

秋桜

「海の日」の連休、日高門別は連日雨が降った。
闘病生活で山に行けないから、雨に気を病む事は無い。

病気とは言っても、血尿も下肢浮腫も無い。
それでも検査や手術に備えて、減塩食を励行している。
血圧は100/70前後しかない。

免疫を下げる過度の運動は避けて、散歩やガーデニングは行っている。



e0352951_15251612.jpg
我が家に咲いた秋桜を愛でる。
梅雨空の様に、心は晴れない。

今週、専門医の診断が下される。
初めて受けた造影CTが鍵を握っている。
eGFRから造影剤が使えるギリギリ下限の腎機能だった。

病と向き合う事で、考え方が変わった。
医師としてこれまで以上に、人に尽くす生き方を実践していきたい。

by tmurakami0520 | 2019-07-15 15:57 | つぶやき | Comments(0)




昨年9月上旬にガーデニングで腰痛を起こしてから、日高の医師住宅の庭造りは中断したままである。
石運びは一切していないが昨年10月にスイセンとチューリップの球根を追加で植えた。



e0352951_14281095.jpg
ミニ水仙が真っ先に咲いた。



e0352951_14292766.jpg
早咲きのチューリップが4月下旬に。
花期が長くなるように、品種を変えて植えた。



e0352951_14313985.jpg
生け垣の外の花壇は春の花で華やかだった。
今はビオラが残っているだけで閑散としている。



e0352951_14350774.jpg
チューリップと芝桜のみの花壇。
チューリップが終われば、昨年はマリーゴールドを植えた。



e0352951_14405447.jpg
4月の雪解け直後の裏庭花壇。



e0352951_14414423.jpg
5月中旬にチューリップが咲きそろった。
手前のプランターは昨年のパンジーの種から勝手に咲いた。



e0352951_14443240.jpg

6月上旬芝桜の最盛期。



e0352951_14452776.jpg
今日はラベンダーが咲き始めていた。
ユリやカサブランカが7月に咲く。



e0352951_14480292.jpg
5月にスイセン、チューリップ、芝桜で彩られた中央花壇。



e0352951_14500086.jpg
6月、夏の花へ変わっていく。



e0352951_14511435.jpg
5月中旬のロータリーの花壇はチューリップと自宅から株分けしたオーブリッチエアカスケードブルーが主役。



e0352951_14530814.jpg
6月上旬芝桜が最盛期に。



e0352951_14545252.jpg
ライラックが咲いた。



e0352951_14564691.jpg
自宅から移植したフウロソウも咲き始め、ユリやカサブランカの花を待っている。



e0352951_14593731.jpg
5月にチューリップが咲き、ルピナスが芽吹いている。



e0352951_15011585.jpg

全く何も手を入れていないが、ルピナスに置き換わった。
チューリップとルピナスのコンビは今の所絶好調だけど、8月には息切れする。



e0352951_15042333.jpg

未完成で石敷が終わっていない防草シートに囲まれた花壇にルピナスが咲いた。
昨年種を蒔いたので花は咲かず、越冬して初めて花を咲かせる。


昨年のガーデニングで、ここまでは何もしなくても順番に花が咲いてくれる。
春の花の終わった花壇に、マリーゴールドなどの1年草を植えないと花壇が荒涼としてしまう。




e0352951_15185259.jpg
今年の花をプランターに植えて玄関先を飾った。
リビングで越冬させたゼラニウム(鉢植え)も一緒に。

しゃがむと腰が痛むが、花を絶やしたくないので、花壇に土を入れて花苗を植えていく予定である。

by tmurakami0520 | 2019-06-19 17:26 | つぶやき | Comments(0)

初夏の週末 2019.06.02

6月1日、日高診療所に赴任して3年目を迎えた。
月曜日の早朝に日高町富川の自宅から日高町日高に出勤。
金曜日の夕方、自宅に帰るまで、勤務+長い待機である。

5月は夜間入浴中に2回呼び出しがあった。
夜中も、2時20分過ぎと3時半過ぎに。
体力とメンタルのケアが必須の職業である。

週末は開放されて、疲れが出てしまう。
本当は趣味のハイキングに行けば良いのだが、体が動かない事もある。
初夏の山が私を呼んでくれている。
全ての登山準備をして、サマータイム(3時)、朦朧として出発できなかった。



e0352951_18572921.jpg

我が家のスズラン、混生する花壇で甘い香りを漂わせていた。
平取のスズラン祭りは行った事が無い。



e0352951_19105150.jpg

1昨年、百合の花壇に植えた花が広がっている。
右端をかじって株分けした。



e0352951_19145771.jpg

和室前花壇の赤いオダマキ。
奥には日当たりの加減で遅咲きの芝桜。
芝桜はほぼ終わり、ムスカリ・チューリップ・水仙は完全に終わっていた。



e0352951_19150665.jpg

赤いツツジ、背後のオーブリッチェアも花は半分に。
ルピナスが咲き始め、我が家の庭は初夏の花に咲き変わっている。



e0352951_19213063.jpg

左右のムスカリは花期を終え、人工芝を埋めた地を這うラベンダーが良い香り。



e0352951_19213916.jpg

ラベンダーの花期は短いけど、花壇を彩り青いラベンダーへ花のリレー。
バラや百合がもうすぐ咲き始めるのが楽しみである。

ガーデニングで無数の花を愛でて気分転換をした。

by tmurakami0520 | 2019-06-02 19:32 | つぶやき | Comments(0)

猛暑に撃沈 2019.05.26

暑さに体を慣らす事を諦めて、ガーデニングと家族サービスに徹した一日だった。
日高門別も最高気温は28℃に達し、強烈な陽射しに閉口した。
佐呂間町は39.5℃、帯広で38.8℃と京都の真夏並み?

北海道には高山(2500m以上)は無く、山でも20℃以上は間違いなく25℃以上も。
山に行っても苦行のみで楽しめない。



e0352951_18500160.jpg

24日(金)に日高からの帰り。
給油して1058km走って、あと117kmでガス欠になる警報。
ハイブリッドでは無いけど18km/L近い燃費を記録した。

制限速度+10km/hと言う優良ドライバー振り。
今日の日高道でもBMWの半分の速度に甘んじている。
この車はメーターを振り切る性能は元より無い。

折角の晴天だけど、体調を崩しては元も子もない。
近くの居酒屋の生ビールが美味しい一日だった。

by tmurakami0520 | 2019-05-26 19:15 | つぶやき | Comments(0)

ガーデニング2019.05

暖冬少雪の冬が終わって、我が家の庭が花で彩られた。
この春は腰痛で草取りも僅かしか出来ていない。



e0352951_10214694.jpg

ニリンソウと昨年完成させた玉砂利エリア。
密集した緑は雑草では無く6-7月に赤い花を咲かせる。



e0352951_10274501.jpg

プランターのメアカンキンバイも咲き始めた。



e0352951_10275650.jpg

駐車場から玄関へのアプローチ。
プランターに花を植えた。



e0352951_10293671.jpg

日当たりが良く、予想以上に成長し広がった芝桜。
芝桜の中の雑草を抜くのが大変だけど、見付けたらこまめに抜く事が肝要。



e0352951_10311089.jpg

オーブリッチエアカスケードブルーも満開。
株分けして4年位で地面を覆ってくれる。
密生するため雑草が生えにくい事が最大のメリット。



e0352951_10350026.jpg

シロバナノエンレイソウとピンクのサクラソウ。



e0352951_10375443.jpg

広がる白の芝桜にサクラソウやエンレイソウが飲み込まれた。
中央左手前は白花がピンクに変化している。
右奥は昨年株分けしたオーブリッチエア。



e0352951_10405881.jpg

ムスカリは勝手に勢力範囲を拡大している。



e0352951_18043208.jpg


オオヒラウスユキソウ。ネットで花苗を昨年買った。
プランターで管理すれば、雑草に負けにくい。

今週末は5月としては異常に暑くなると言う。
暑さには弱いため、扇風機とエアコンでのんびりするか。
間違えても猛暑となる十勝側には行けない。

水害以来芽室岳や十勝幌尻岳には近づけていない。
伏美岳も崩壊した林道を歩かなければ登れない。
暑さと相俟って、山から足が遠のいてしまう。


by tmurakami0520 | 2019-05-25 18:06 | つぶやき | Comments(0)

5月4日(土)みどりの日、快晴だった。

朝食も素晴らしく、フルーツのイチゴ一つ取っても新鮮かつ甘い。
家族皆が「いちいの宿」のファンである。



e0352951_15494208.jpg

チェックアウト後宿の前で記念撮影(長女撮影)。
次女のリクエストで旭山公園へ向かった。
旭山動物園へ向かう道路は大渋滞だったが、公園直前の信号を左折侵入。
動物園と兼用の駐車場に駐めた。



e0352951_16005837.jpg

桜の開花は今ひとつだが、こぶしが見事だった。



e0352951_16052413.jpg

旭山から旭川市街地を展望した。
桜は明日なら満開かも。



e0352951_16064599.jpg

麓によく咲いた桜の木が数本あった。
足下はカタクリやエゾエンゴサクなど豊富だが、男山公園に行った後では写真を撮る気になれず。



e0352951_16090106.jpg

旭山動物園の入場券を買うための行列が約1km、最後尾は公園の道を登っていた。
動物園は息子が1歳の時から何度も訪れており、今回は最初から行くつもりなし。
GWは動物よりヒトを見に行く様なものだ。



e0352951_16141218.jpg

最後のリクエストは「青い池」。
道の駅、駐車場も近くに整備され、トイレと売店も完成間近。
完全に観光地化していた。



e0352951_16164449.jpg

川と池の境目も観光した。
ここまで来れば、白金温泉が近い。
気温も高く、望岳台へ(夏タイヤ)。



e0352951_16183749.jpg

息子は何度も訪れているが、残雪期の山は他の家族は初めて。
山の美しさに感嘆していた。



e0352951_16221661.jpg

私の遊び場を「観光」した家族と(息子撮影)。

上富良野から斜線道路で布部へ。
夕張岳や芦別岳も美しく、ドライブを楽しんだ。

日高は24℃と暑かったが、朝は0℃だった影響で住宅の室温は14℃。
トイレ休憩、火照った体を冷やした。
日高門別は16℃と海沿いは風も涼しい。

予定していなかった家族旅行を楽しむ事が出来た。

by tmurakami0520 | 2019-05-05 16:34 | つぶやき | Comments(0)

山が好きな内科医のつぶやき


by tmurakami0520
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31