人気ブログランキング |

<   2015年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

東ヌプカウシヌプリ1252m

H27.11.29

「山行記」と言うよりはスノーシュー遊び+日高山脈の偵察が目的で「つぶやき」にすべきかも。
先週の雪山羅臼岳敗退に、いたくプライドを傷つけられ、28日は晴れた日高門別でリビングの4Kテレビ&BDを鑑賞しながら、昼間から酒を飲んでいた。昔なら、怠惰な一日を送るより、18時間山行など厳しい単独行を自分に課して、リベンジしたであろう。しかし、知床の厳冬期は厳しい。エキスパートのみが挑戦出来る世界である。GWまで無理!と決めれば、怠惰に陥ってしまう。
羅臼岳もそうだったが、この時期の登山は雪の量で大きく変わってしまう。少なければ秋山の延長、中途半端の粉雪はブッシュにも邪魔される。むしろ、雪がタップリある方が歩き易い。雪の締まった春山は、夏山より楽な位である。そして、今は明るい時間が短い。とにかく、家でふてくされていても、山に行けないので、ひだかの雪の量を偵察&スノーシューに慣れる散歩を兼ねて日勝峠を越えて東ヌプカへ。



e0352951_18531536.jpg
日高門別-2℃、山日高-7℃、日勝峠-6℃。雪はまだ少なく、日勝ゲレンデは、まだスキーには早いようです。帰りには、スキーヤーの姿を見ました。



e0352951_18572251.jpg
運転しながら、日高山脈の「月」に感動!自然の豊かさに、心が躍ります。



e0352951_18593067.jpg
帯広に40-60cmの降雪があった
東西ヌプカウシヌプリに西側から雪雲がかかります



e0352951_19013012.jpg
東ヌプカに伸びる「北海道みたいな道」
いえ、「北海道らしい道」です
南国の日高では滅多に見られませんので・・・



e0352951_19062492.jpg
スノーシューが最適のゲレンデでスタート!



e0352951_19070928.jpg
西ヌプカウシヌプリから流れてくる雪雲
雪がちらつきます
倒木を新雪に踏みしめ登ります



e0352951_19081660.jpg
尾根線から十勝平野(東北方向)
雲でウペペサンケは見えません



e0352951_19094141.jpg
1時間半余りで登頂
兎に角、「羅臼」敗退のショックで山頂に立ちたかった
羅臼登山より1000倍以上安易で登山とは言えないかも



e0352951_19112349.jpg
山頂から少し南で十勝平野(東南)
遙かに太平洋が見えていました



e0352951_19162502.jpg
シューを脱ぎ下山です
滑る斜面を探しています



e0352951_19143396.jpg
新雪(パウダー)かつ雪が浅く滑りません



e0352951_19160559.jpg
スノーシューで膝下ラッセル
ツボ足でさらに20cm踏み抜きます
凍結した「滑る」層がありません

この時期に、ミニボブで滑走出来る斜面があれば雪崩れの危険性が大きい。砂の様なパウダースノーで、オープンバーンを滑られるのは3月かな。GWに、羅臼の斜面を大滑走出来ればいいね。GWの羅臼なら、登り8時間下り3時間。春山と言えども、山は厳しい。11時前に下山して、ひだかの山並みを観察しながら日勝峠を越えた。平取温泉「ゆから」で僅かな汗を流した。

by tmurakami0520 | 2015-11-29 19:29 | 山行記 | Comments(0)
11月23日(月)羅臼敗退で「温泉旅行」モードとなった親子。朝風呂の約束通り、朝5時にHiroを起こすも起きず一人で温泉三昧。6時にTVを付けてもHiroは寝たまま。7時のバイキングに行くため、10分前に起こしてやっと目覚めた。多彩な料理で満腹となった(つい、食べ過ぎてしまうビュッフェ)。



e0352951_12455785.jpg
部屋から望むオホーツク海。5年前は左の桟橋から知床岬まで小型クルーザーで楽しんだ。Hiroは5歳で覚えていないという。ウトロから日高門別まで410kmあり、早目にチェックアウトした。トラックや速い車を「鹿よけ」にして後を付けて走るため、休憩を含めて6時間半かかった。知床は遠い!



e0352951_12255766.jpg
斜里岳は高曇りだったが、昨年11月24日に登った雄阿寒岳が美しい!登って帰りたかったが、翌日は30時間勤務で無理は出来ず。雌阿寒岳も美しかった(逆光で写真なし)。
羅臼岳に登れば、Hiroが10歳の1年間で北海道の百名山を全て登るという記録がかかっていた。これは、今回の山行で気付いたもので、当初は意識せず適当に登っていた。



e0352951_19100662.jpg
①利尻山 9月22日



e0352951_19183040.jpg
③斜里岳 10月3日



e0352951_19483594.jpg
④阿寒岳 11月21日



e0352951_19501730.jpg
⑤大雪山 5月3日



e0352951_19520466.jpg
⑥トムラウシ 8月23日



e0352951_19540768.jpg
⑦十勝岳 11月14日



e0352951_19560129.jpg
⑧幌尻岳 7月12日



e0352951_20013732.jpg
⑨後方羊蹄山 4月25日(京極コース)

幌尻とトムラウシをテン泊で登れば、残りは夏なら何時でも楽しめる山である。2月上旬で11歳となるHiroとの山行は、最後の1年と思っている。身長143cmの小学生なので、登れる山は高々知れているが、「楽しみ」たい。今から冬山シーズン開幕、一歩間違えれば遭難のリスクを背負って、厳しくも美しい銀嶺の世界を親子で楽しみたい。

by tmurakami0520 | 2015-11-27 06:45 | 山行記 | Comments(0)

羅臼岳敗退~挑戦及ばず

H27.11.22

ウトロの夜の雪は一旦止んでいた。朝5時起床し、コンビニで買っておいた食料を食べて(ホテルの朝食は7時から)チェックアウトしようとすると、7時まで無理(カード決済の関係)という。前日に済ませておけば良かった、と悔やみながらも、宿直のおじさんに無理を言って現金で支払った。お金の扱いも、慣れていないため大変だった。この、出鼻をくじかれた事も時間の余裕を失わせた。セブンで少々買い出しをして、ウトロを後にした。



e0352951_10103764.jpg
知床峠への国道334号(知床横断道路)は冬期通行止めだった。ゲートを確認。



e0352951_10134691.jpg
岩尾別温泉「ホテル地の涯」も休業中で、登山者も誰も居ない
ヒグマもいなければヒトもいない
エキスパートも挑戦していない事が理解できた



e0352951_10173368.jpg
冬期閉鎖中の木下小屋
私がここを訪れるのは19年振りである
京都から羅臼を登りに来て以来で、移住後初訪問



e0352951_10174887.jpg
650m岩峰
山に向かうほど雪は強く、深く、風も出てきた



e0352951_10220718.jpg
凍結した夏道に雪がある
この程度なら、全く問題無いが



e0352951_10240752.jpg
1時間50分で到着、2回目の休憩
アイゼンもスノーシューも使えないパウダースノー



e0352951_10255374.jpg
気温は氷点下10℃
休憩すると、汗が凍って冷える
粉雪も深くなると、意外と体力を消耗する



e0352951_10280094.jpg
夏のコースタイム通りしか進めない



e0352951_10290087.jpg
3回目の休憩は吹雪の中で



e0352951_10303115.jpg
雪は深く、ダケカンバは樹氷で登山道を塞ぎ、かき分ける



e0352951_10330884.jpg
氷点下10℃以下でも凍らない水
携帯トイレブースも閉鎖固定されていた



e0352951_10343483.jpg
Hiroも頑張ってダケカンバをかき分け、雪の上を這って登ってくる



e0352951_10364124.jpg
もう少しで羅臼平だけど、これ以上は進めない
10時半、撤退を宣言した
夏道のコースタイムで残り1時間半であるが、
羅臼平から先はホワイトアウトと予測した



e0352951_10404011.jpg
撤退と聞くとサッサと下っていくHiro
後ろ姿も可愛いが、30cmの身長差はダケカンバをくぐるのには大きい
下山はすばしっこい



e0352951_10442016.jpg
氷点下10℃での昼食。山専のお湯は熱い。



e0352951_10455511.jpg
脱いだ手袋、ストックのストラップも凍結した



e0352951_10471250.jpg
晩秋の知床五湖
羅臼は雪に閉ざされ、無念の敗退
雪が増えてダケカンバを覆えば登れるが、
岩尾別温泉までの道路が閉ざされる
10月の三連休は紅葉で混雑だが、そのあたりが最後

冬期は羅臼町から狙うしかないが、Hiroにはまだ無理である
3月の三連休、ないしはGWとなる



e0352951_10570778.jpg
悔しい敗退、12時半無事下山
コンビニや道の駅等で暇潰しをして、14時過ぎにホテルへ



e0352951_12445470.jpg
19年前はここに三連泊して、私は羅臼岳山頂に
長女(5歳)と家内は極楽平までで下山させた
5年前は知床半島クルーズ(山に行けず)
温泉にビュッフェ(夕食)、買い物も



e0352951_12452719.jpg
翌日は帰るだけなのでワインを飲みます
Wi-Fiが使えますがウィルス対策もありLTEなのでiPhoneで
山は敗退しても「ウトロ温泉旅行」を楽しみました

Hiroは2月生まれの10歳である。来年のGWは11歳になってしまう。羅臼に登れば私は19年振りの登頂だが、Hiroにはある記録がかかっていた。特に意識したのは今回だけであるが、偶然に必然性をかけて、厳しいこの時期の登山に羅臼岳を選んだ。力及ばず雪山羅臼岳は敗退となり、この記録は達成不可能が確定した。つまらない記録であるが、最終日のブログに達成できなかった記録を紹介したい。

by tmurakami0520 | 2015-11-24 17:27 | 山行記 | Comments(2)
H27.11.21

11月の三連休は知床へ。三連休でなければ行けない山がある(利尻山も無理をしないなら二泊三日)。当直は連休明け、入院患者さんは、治癒退院と看取りも終えて、いざ行かん・・・西から低気圧が北海道の南を通過して道東で発達し西高東低の冬型に。仕事と天候は悩ましい関係。ひだかの山に行けば良かったのだが。Hiroに、とある記録(想い出)がかかっていて、敗戦濃厚でも挑戦は必要だった。



e0352951_18383375.jpg
前日はまだ星空だった。朝3時起きを4時半に遅らせ、雨が去った日高門別を出発し、平取で雨に。日高峠を越えて、占冠IC手前で、左からエゾシカの飛び出し!雪でブレーキをかけられず、ギリギリ衝突せずに目の前を巨大な雄シカが走り抜けました。心臓バクバク、道東はもっと怖いかも。占冠ICから道東道へ。低気圧の北西に出ました。



e0352951_18511902.jpg
十勝平原SAで日高山脈方面を。ひだかはこれから晴れるのに。
朝食を食べ、トイレを済ませます。



e0352951_19031642.jpg
足寄で低気圧に追いつき、雪がパラツク中を登山開始。
11月13日規制が解除されました。
念のため、登山届けは書かず(規制2で登れば書類送検された御嶽山の例があるため)




e0352951_19055779.jpg
蝦夷椴松の森からハイマツ帯へ
ハイマツの雪がうるさい



e0352951_19103278.jpg
休憩していると、雪玉を背中にぶつけられました
まだ、氷点下4℃と暖かい
この上は風が強くて手袋を脱ぐ事は出来ません



e0352951_19184319.jpg
アイスと粉雪のミックスの登山道、晴れてきました




e0352951_19220265.jpg
中央に晩秋のオンネトー
初冬の凍った火山(岩場)との対比、雪のラインが秋と冬の境目です



e0352951_19232724.jpg
7月27日規制2で立入禁止、11月13日規制1に
まだ規制線が撤去されていませんでした
単独先行者は風が凄まじく七合目で撤退



e0352951_19254733.jpg
我々はアイゼンで武装(笑)
この程度の風で撤退では明日の勝利は無い



e0352951_19412481.jpg
気温も氷点下6℃(夏の大雪では30℃を軽く越えた)



e0352951_19441842.jpg
阿寒湖と右に雄阿寒岳
火山の地熱でも溶けない雪



e0352951_19443503.jpg
山頂から火口を



e0352951_19463935.jpg
噴火口からの噴煙が昨年の3倍位
噴煙のダウンフォースで風の強さが分かるかな?



e0352951_19472256.jpg
爆風で立てない?息子
実はこの姿勢の方が楽だけなのかも



e0352951_19502616.jpg
火口が陽射しに輝く神秘的な光景



e0352951_19513498.jpg
この美しさ、心の琴♡線を・・・
下山します



e0352951_19515273.jpg
登山道からそれるHiro
次第に天候は悪化して、再び雪に



e0352951_19553270.jpg

-1℃、風が無いと20℃位暖かく感じます

足慣らし登山を終えて、阿寒湖のセブンでおやつを買い込み、斜里町からウトロへ3時間弱。またもトンネルを出た先で右に、エゾシカの母子が道路に。「エゾシカ恐怖症」は治りそうにありません。5年振りに、暗くなったウトロに到着。



e0352951_20025405.jpg
登山服のままなので、浴衣に着替えて温泉へ



e0352951_20071924.jpg
夕食のブッフェ、鍋を自分で作れるのが嬉しい(私のは蓋が浮いている右側)

食後、5年振りのウトロ温泉に再度入って、明日の山行の準備。露天風呂にも雪が舞って、Hiroの記録達成登山に暗雲が。挑戦あるのみ!


by tmurakami0520 | 2015-11-23 20:11 | 山行記 | Comments(2)

十勝岳2077m

H27.11.14

前回11月1日の十勝岳は爆風(雪)で撤退。先週は絶好の山日和の日が札幌での産業医研修。今週は日曜日17時から当直で月曜日もそのまま仕事。低気圧接近に、北海道の西南東はダメ。サクッと北上して、雨が降る前に下山できると計算しました。13日の金曜日は仕事が終わってから19時から21時まで、苫小牧で感染症研修に参加。帰りの日高道では星空に、14日は持ちそうだと確信。朝3時起きで3時半富川ICのローソンでの買い出し後、望岳台へ向かって北上した。



e0352951_07450257.jpg
-4℃と気温上昇に低気圧の接近を実感。朝食をとって登山準備完了。
高曇りで山が見えていました(✿╹◡╹)



e0352951_07453235.jpg
今日は山頂まで見えている!出発!!

6:20望岳台→10:56十勝岳11:05→12:00避難小屋(昼食)→13:37望岳台



e0352951_07515291.jpg
美瑛岳、美瑛富士、オプタテシケ? うっすらと青空が嬉しい



e0352951_07532869.jpg
風が強くなり休憩は避難小屋で



e0352951_07550165.jpg
避難小屋で今シーズン初のアイゼン装着
スノーシューは下山まで背負ったままでした



e0352951_07565791.jpg
雪の少ない所では12本爪が邪魔で遅れる
軽快に登るHiro



e0352951_07581754.jpg
岩陰で休憩、フル装備をしたHiro
私はバラクラバを着用した事が過去にもありません
希代の暑がりだけど一応バラクラバを持ってきています
因みにゴーグルも暑くて下山で使った事が過去にある程度



e0352951_08020311.jpg
積雪が増えれば私がリード
次々と登山者を追い越して行きます



e0352951_08033349.jpg
火口壁に到着、風はさらに強くなりましたが前回ほどではありません
展望があり、気持ち良い



e0352951_08052801.jpg
山頂も見えており楽勝気分♪♪
夏は火山の砂漠みたいな味気ない山も冬は美しい・・・
雪が噴煙の影響で黄緑(硫化硫黄)な所が私的には少し残念



e0352951_08084871.jpg
背中に風の圧力を受けながら美瑛岳の雄姿
夏は高山植物が豊富で、大好きな山です



e0352951_08110689.jpg
1日に撤退した地点付近を進みます



e0352951_08120430.jpg

これぞ雪山の世界!、でも風紋はまだ幼稚な感じ



e0352951_08153564.jpg
クラストした雪面は噴煙の色に



e0352951_08163366.jpg
小さいクライマー、風に煽られても登り切り一人前の大人と変わりません
成長が嬉しい(o^-^)



e0352951_08193462.jpg
富良野岳まで展望出来、低気圧接近としては上々の展望
小さく上ホロ避難小屋も見えています



e0352951_08212210.jpg
アイゼンを蹴り込み山頂へ登るHiro



e0352951_08223013.jpg
右後方に夏に登ったトムラウシ
東側は雲に覆われていました(計算通り)




風に煽られ影像が見苦しいですが、雰囲気が分かります(Hiro登頂前)



e0352951_08551149.jpg
山頂からの展望(北)をHiroと楽しみました
すでに登っていない山が無いHiro、想い出も振り返ります



e0352951_08275918.jpg
下山はまずはシリセード



e0352951_08284853.jpg
ミニボブに変更。でも怖がって躊躇うHiro。
樹木も崖も無いので、思いっきり滑れば良いのに。




ようやく楽しんでいるミニボブ滑り



e0352951_08311380.jpg
Hiroを追いかけていると、思いがけない出会いが
風不死岳北尾根でご一緒したsyunpaさんでした
握手を交わしました



e0352951_08370501.jpg
下山は速い
富良野平野の展望も良し



e0352951_08385101.jpg
巧みに滑り避難小屋で昼食
望岳台までソリ遊びを楽しんでいました



e0352951_08411733.jpg
下山時には雲が湧いてきました
初冬の十勝岳を堪能出来ました

白金温泉で汗を流し、富良野では最後まで山の姿を見る事が出来ました。稜線を東から雲が覆う変わった姿でしたが。南西の夕張山地は朝から一度も姿を見せず、今回は天候に恵まれたと実感。日高路では山日高から小雨で、17時過ぎ本降りの日高門別に到着でした。





by tmurakami0520 | 2015-11-15 08:48 | 山行記 | Comments(2)

産業医研修2015


11月7日札幌かでる2・7で認定産業医の研修があった。6日は風があるものの天候は良くて、いつものパーキングに車を駐めた後、紅葉の残る道庁跡の横を歩いてみた。



e0352951_17163519.jpg
晩秋の山を歩けないけど、知識の更新は医師としての義務。



e0352951_17183136.jpg
講習会場の廊下から外を眺める。札幌を中心に全道から医師が380名ほど受講した。



e0352951_17204130.jpg
労働安全衛生法の改正で、平成27年12月1日から実施される「ストレスチェック」。従業員数50名以上の事業所が実施を義務化された(年1回実施して労働基準監督署に報告しないと罰則がある)。職場検診と同時に行われる会社がほとんどという。職場検診と大きく違うのは、労働者のメンタルに関わるテストなので、守秘義務があり、本人の同意が無ければ事業者は結果を把握できない所だ。検査(テスト)実施に事業者は費用を出しても、結果は何も帰って来ない可能性もある。心療内科受診中などで、このテストを受けない権利も労働者側にはある。産業医は実施者から結果を受け取り、高ストレス状態にある労働者と面談を行う。面談を受けない権利も労働者にはある。面談の結果、心療内科に紹介したり、労働条件の軽減等を事業者に勧告するが、これにも労働者の同意が必要。
晴れた土曜日に研修を半日受ける産業医の「ストレス」は誰も見てくれない。日頃の診療や検診を診るのでも多忙だが、嘱託産業医の仕事(ストレス)は増える一方である。

by tmurakami0520 | 2015-11-09 17:37 | つぶやき | Comments(0)

文化の日2015

11月3日は特定気象日(晴れる確率が高い)である。仕事柄、祝日当直になる確率も高い。来年は木曜日なので出勤しなくても良い可能性が高い。
7日は札幌で産業医研修。15日(日)は当直で、山に行く日が限られる。天候に左右され、なかなか難しい。それ故に、今年の夏の幌尻岳1日目幌尻岳2日目の様に天候に恵まれると嬉しさも格別である。今年の最高の山を一つ挙げるなら、幌尻岳テント泊が槍ヶ岳や2月のトヨニ岳南峰 を抑えて一番心に残っている。



e0352951_18473594.jpg
来週は交通安全週間である。日高門別はスピード取り締まりが得意技で、2日の出勤時(朝7時前)もパトカーに捕まっているのを見かけた。信号無視、一時停止違反取り締まりもよく見かける。不通となった日高線の踏切での取り締まりは見かけなくなって久しい。

外来診療をしていると、免許を返上する高齢者も見かけるが、アルツハイマーの薬を飲みながら運転している患者も。前頭側頭葉型認知症なら、赤信号も覚えていないであろう。今どこを走っているのかが分からないから、宮崎市駅前の様な事故も起きる。マイナンバー制度と医療保険が結びついた時、病歴管理から認知症診療を受けている人は管理される可能性がある。もともと認知症の患者さんは、自分が「認知症」とは認知出来ないから、診療を受けていなくて悲惨な事故を起こしうる。田舎では、車を取り上げると生活が大変である。
高齢者はそもそも、耳が遠い。高齢化社会では、人(とエゾシカ)を見たら飛び出すものとして速度を落として運転する心構えが必要がある。

飲酒運転は論外である。北海道の田舎は交通の便が悪いけど、タクシーや代行を利用すべきで、1-2kmなら歩くべきと思う。しかし、冬場で自宅の前で酔って寝込んで凍死した例もあり、運転はダメだが、歩くのも注意が必要。京阪神に比較して、北海道の飲酒検問は少なすぎる印象がある。移住して10年目だけど、夜中のタクシーからでも飲酒検問を目にした事が無い。先の認知症の高齢者の増加もあり、取り締まりが事故を減らす効果は未知数である。

by tmurakami0520 | 2015-11-03 19:23 | つぶやき | Comments(0)

冬山の洗礼敗退


10月30日朝から31日朝まで勤務。11月1日の山行に息子は、恵庭岳は何度か登っているので「完全な冬山」に行きたいと言います。大切な山の先輩との恵庭岳は泣く泣くキャンセルに。この時期の「冬山」は厳しい。「完全」とは、歩き初めから雪のある山。大雪・十勝連峰に限られます。寒気が残る北海道で、一番遅くまで寒気の影響が残ります。天候が安定していなければ、「完全な冬山」は厳しく、登頂の可能性も低い。

31日は息子の冬のアウターを買いに行き、11月1日アイゼン・スノーシュー等完全装備で十勝岳を目指し望岳台へ。



e0352951_18315755.jpg
白金温泉経由で、氷点下1℃、アイスバーンの道を登ります。望岳台分岐から十勝岳温泉までは通行止めです。新しいスタッドレスタイヤは、この程度では何の不安も無く望岳台へ。



e0352951_18371893.jpg
Hiroを起こして朝食をとっていると、右隣の車から三段山への道を聞かれました
寝起きの息子を見て、「Hiro君?」ヤマレコユーザーさんでした
吹上温泉は通行止めで・・・と答えて、望岳台から吹上温泉への道を失念していました
朝食後冬靴(アルパインクルーザー3000)を履いて、吹上温泉へのルートがある事、(天候や雪質によるけど)スキーヤーには三段山がお勧めな事をお話ししました(結果的には今日はダメ)
帽子、アウターがおニューのHiro、出発です



e0352951_18380850.jpg
靴も新調
予想通り風があり、雪雲に覆われた山へ向かいます
私は、汗をかいて、手袋を脱ぎました



e0352951_18471159.jpg
美瑛岳分岐
ここで1回目の休憩
雪の上を歩くのは思わぬ負荷がかかります



e0352951_18500949.jpg
雪が降り始め、避難小屋も氷室の様



e0352951_18523087.jpg
ここで今シーズン初のスノーシュー
雪がまだ浅く(20cm前後)岩に当たり歩きにくい



e0352951_18532002.jpg
遅れるHiroのシューをアイゼンに
風雪に体感温度は氷点下10℃以下でバラクラバを厚手に



e0352951_18554121.jpg
火口壁に到着
暴風にボードが吹き飛ばれそうです
三段山はハイマツで無理で十勝岳へ転進したスキーヤーも「行ける所まで」
この先は「完全な雪山」でした
さすがの私も完全防備をしても冷えました(パンツとアンダーが夏仕様)



e0352951_18573136.jpg
全てが凍結していく「冬山」の世界
私のサングラスが氷結して撤退
ゴーグルを持って来なかった
その点Hiroは持って来ていて、おニューのアイゼンも効いています
視界が無いため1826m地点で敗退



e0352951_19034511.jpg
視界が無い中、トレースも消え私が先頭を切りGPSで補正
登山者と2mに接近して気付いて挨拶
火口からの下山はトレースが見えてHiroを先行させました
何も見えない厳しい冬山の世界です



e0352951_19132929.jpg
冬山のお楽しみ
私はHiroの装備全てを持って下山しました



e0352951_19145598.jpg
避難小屋で昼食
山専のお湯で熱いラーメンとうどん
お寿司はまだ凍っていませんでしたが、冷たかった



e0352951_19161802.jpg
お昼で氷点下3℃
厳冬期より10-20℃暖かい
結局二人とも予備のダウンは着なかったけど、装備の見直しも必要



e0352951_19175989.jpg
0℃で風も弱く暖かい望岳台
最後まで山は姿を見せてくれませんでした



e0352951_19212739.jpg
白金温泉で汗を流しました

息子の要望通り「完全な冬山」を歩いてきました。新調した装備の性能を確認し、雪の上しか歩かず、最高気温0℃。冬山の厳しさは、装備の重さ、登りの時間が夏の2倍以上かかる足への負荷。今日、十勝岳の山頂を踏めば、今年1年で全ての北海道の百名山に登頂まで王手をかけられました。昨年5月25日にHiroは十勝岳に登っています。夏は2時間余りで登頂出来る(速い人は1時間を切る)砂漠の様な火山。私は美瑛岳の方が植生豊かで好きです。Hiroが未登(私は既登)の百名山を11月に狙っています。天気が許せばですが。



by tmurakami0520 | 2015-11-01 19:41 | 山行記 | Comments(2)

山が好きな内科医のつぶやき


by tmurakami0520
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30