人気ブログランキング |

<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

公務員の賞与支給日

国家公務員や地方公務員に期末・勤勉手当(ボーナス)が支給された。(一部の自治体は6月上旬である)赤字の田舎の自治体病院でも支給された。4年連続黒字の後、赤字が続いている。黒字でも赤字でも支給額に差は無い「公務員特権」である。
平成7年から平成18年まで勤めた大阪府(京都府の県境に近い)の民間病院では、医師は年俸性で賞与は無かった。賞与を貰えるだけでも喜ばなければならない。



e0352951_12551994.jpg

滋賀県北部の公立病院に勤務していた頃は、支給額の70%弱が手取り額であった。現在では所得税の他に、健康保険、年金、介護保険まで差し引かれ、総支給額から46.72%が差し引かれて、手取り額は53.28%である。これに対して、来年度に住民税10%(正確には社会保険料等を除いた額に対してであるが)支払わなければならない。

参議院選挙前で、某党は「富裕層からの増税」を叫んでいるが、手取りが50%を切るとモチベーションが下がってしまう。頑張って働いて支給額を10万円増やします、と言われても手元には5万円しか来ない現実。さらに増税されたら、増やして欲しくありませんと言わざるを得ない。それでは、税収は増えないし、消費も徹底して控えるでしょう。
江戸時代に4公6民が限界と言われた。子どもは居ても扶養家族で無くなり、所得控除も毎年の様に減らされ、かくれ増税+社会保険料率の上昇で、可処分所得は年々減少している。

賞与を貰えるだけでも感謝しなければならないのに、とんだグチをつぶやいてしまった。

by tmurakami0520 | 2016-06-30 17:43 | つぶやき | Comments(2)

雨の土日

山もガーデニングも雨が降るとお手上げ。
晴耕雨読でも、本を読むのも疲れて外へ。昨年はバラの当たり年だったけど、今年は例年以下の様だ。
チングルマもバラ科なので、チラホラ咲きで終わった。



e0352951_16020779.jpg

今日の雨に濡れたバラ、本当は薄い黄色にピンク色を内側に持つ
7年目の我が家で一番古いバラ



e0352951_16060262.jpg

ころ赤いイングリッシュローズは、花の形が好きでは無い
昨日雨の上がっている間にバッサリ剪定した



e0352951_16091389.jpg

上のバラの陰になっている可愛い黄色いバラ
紫、大きい黄色、ピンクのバラはまだ花をつけていない

我が家の庭の高山植物は生協やホーマック、えこりん村等で株を買って植えてみたものばかり。
園芸種でもリシリヒナゲシ(ホーマック)、ヒダカソウ(門別生協)、(エゾノ)ゴゼンタチバナ(えこりん村)、
イワブクロ、キバナシャクナゲ、メアカンキンバイ、ハクサンイチゲは1-2年で姿を消した。
一株1500円から3000円で数万円を「実験」に浪費した事になる。



e0352951_16215287.jpg

イワツメクサ(5月21日撮影)



e0352951_16252153.jpg

すでにミヤマキンポウゲが咲いていて、シナノキンバイに覆われる前のハクサンチドリ(5月15日撮影)



e0352951_16274223.jpg

買った時は葉っぱだけのサボテンの様な状態だったが、今年初めて花を咲かせたイワヒゲ(5月21日撮影)



e0352951_16232160.jpg

3年振りに花をつけたコケモモ(5月28日撮影)



e0352951_16311348.jpg

エンレイソウやサクラソウの後に咲くコマクサは花期が長く今も咲いている(6月4日撮影)
種が飛んで独特の葉から株を増やす勢い



e0352951_16354787.jpg

毎年見事な花をつけるシナノキンバイ、上は終わりかけのミヤマキンポウゲ、左下はエゾツツジ(6月4日撮影)



e0352951_16340226.jpg

高山植物では無いけどスズラン、平取の群生地は未だ訪れた事が無い(5月28日撮影)



e0352951_16381420.jpg

右端の葉はスズランで、今日の花壇


ウスユキソウは7月に星形の白い花を咲かせてくれる
枯れてしまった花は、日高門別の風土に馴染まないものとして、また買って植える事はしない
ハクサンイチゲとはお別れだ



e0352951_16450014.jpg

昨年、幌尻でテント撤収後見送ってくれた(エゾノ)ハクサンイチゲ
美しい白い花は多くの想い出に刻まれている



e0352951_16473080.jpg

今年のハクサンイチゲ(夕張岳)はどこも虫だらけだった
汚れちまった悲しみに、今日も小雪の降りかかる・・・
もう、気に留める事もない花となってしまった

by tmurakami0520 | 2016-06-26 16:52 | つぶやき | Comments(0)

夕張岳1667m


昨年は6月21日快晴の花の百名山
太平洋沿岸の天気予報が良くなかったため、夕張岳を提案した所、Hiroは「花のきれいな山だね」と再訪を楽しみにしていた。
17日朝7時前に出勤してそのまま当直、18日の11時前にようやくT教授と当直を交代した。17日の大雨で釧路から帰る事が出来ず、18日朝の飛行機で千歳へ。文字通り東奔西走して、地域医療を支えてくださっている。遅れた事を恐縮されていたが、私は感謝の念でいっぱいだった。こういう先生方のお陰で、リフレッシュできる。

H28.06.19

朝3時半、霧の富川ICのローソンを出発した。平取から穂別を通ると夕張まで1時間あまり。ミニバンなので林道は徐行して1時間40分ほどで駐車地点を発見。小さい車以外は、他の登山者が駐車している所より先に行っても延々とバックしなければならない事が多い。



e0352951_13295246.jpg

朝食をとり、登山準備をした。9℃なので私はアウターをリュックに入れて出発

5:45林道→9:34夕張岳10:08→13:20林道



e0352951_13570832.jpg

八王子など他府県ナンバーを見ながら、台数が少なく思ったより林道歩きは短かった
駐車場を過ぎるとランクルなら何とか通れそうだが、派手に崩れていた



e0352951_14004833.jpg

昨年は馬の背のカウンターもここにあった
ユウパリコザクラの会のメンバーからパンフレットを頂いた
Hiroもアウターを脱いで冷水コース登山開始



e0352951_16102439.jpg

3週間の運動不足は50歳を越えると堪えると、つくづく無理の利く40代が懐かしい
冷水の沢で水分補給して、シラネアオイの群生地「石原平」に到着
5月28日に訪れたオロフレ山の群生地より広大である



e0352951_16174770.jpg

望岳台で2回目の休憩
ガスの中に芦別岳の裾野が見えたが、すぐに消えた
ここからは傾斜も緩み、風もあって歩きやすい



e0352951_16201439.jpg

中央の沢に点の様な白い花が水芭蕉(クリックすると拡大されます(PC))



e0352951_16345744.jpg

ガマ岩を望む
山頂はガスの中だ



e0352951_16355649.jpg

ミヤマキンポウゲ(と思います)
夕張岳では固有種が多く違った花に見えてしまう



e0352951_16363115.jpg

ひょうたん池もまだ雪の下
もうすぐ池になりそう
花や変化に富んだ地形が疲れを忘れさせてくれる



e0352951_16391253.jpg

ユウバリコザクラ
遠くて肉眼では見分けられません



e0352951_16441336.jpg

日差しが無いので運動にちょうど良い気温
3回目の休憩すると汗冷えがしてきた



e0352951_16444301.jpg

吹き通しと山頂が見えてきた
展望は期待できないけど、雲が取れて良かった



e0352951_16460053.jpg

ハクサンイチゲの群落には大量の虫が付着しており、チングルマが咲き出している
日高沿岸では、5月に(アポイも我が家の園芸種も)
息子も熱心に花の写真を撮っていた



e0352951_16494091.jpg
一番気に入ったユウバリソウ
満開では無いけど、花がきれい



e0352951_16511737.jpg

ナンブイヌナズナ



e0352951_16512516.jpg

ミヤマキンバイ
ユキバヒゴダイは蕾だった
いつもは待っているだけの撮影タイムをHiroの方が時間をかけて撮影していた



e0352951_16564398.jpg

金山分岐、2014年6月21日8歳のHiroが夕張岳初登頂
理不尽な林道の通行止めを避けて、厳しいロングコースを歩いた
山頂までに、i-tomoさんや顔見知りの方と出会った



e0352951_17030647.jpg

先に到着した息子
成長著しく、不養生でメタボな親父を追い越しつつある



e0352951_17035548.jpg

昨年6月21日と比べれば、Hiroの成長が明白に
山頂標識の基部が10cm位低いので身長の単純比較は出来ない
昨年は最高の展望を楽しめた(背後に芦別岳)



e0352951_17141680.jpg

山頂からの展望
風があり鳥居のある山頂基部におりて昼食に



e0352951_17173667.jpg

お湯を沸かす間に巻き寿司を食べ、ラーメン。
いつも代わり映えしない昼食だな(~_~;)



e0352951_17191764.jpg

私はゆで卵を入れてみた
普段一切の家事をしないのがたたっている・・・



e0352951_17195399.jpg

鳥居の右のキバナシャクナゲ
接写しないほうが虫が目立たない



e0352951_21041824.jpg

風景を撮影した息子を撮影
いつまでも残って欲しい自然遺産
この下で金山コースを登って来た登山者に声を掛けた、1月5日風不死岳以来の再会だった
今の私には金山コースを歩く体力は無い(と思う)



e0352951_21060950.jpg

ミヤマオダマキは下を向いている
Hiroに撮影の仕方を教えたら笑っていた



e0352951_21115938.jpg

晴れてきて暑い!
唯一の青空の前岳を撮影してみた



e0352951_21130462.jpg

今年初のエゾノリュウキンカ
いかに雪解けの沢を歩いていないか



e0352951_21174663.jpg

ムラサキヤシオ
ひだかでも咲き誇っていたはず
馬ノ背コースを下ります



e0352951_21191454.jpg


金山コースの小夕張岳付近はゴゼンタチバナの群落だった



e0352951_21250844.jpg

9歳のHiroには金山コースは過酷だったと思う



e0352951_21200796.jpg

暑さに私が休憩を提案
ユウパリコザクラの会の方から貰ったパンフレットを見る
大きくなっても可愛い息子



e0352951_21301157.jpg

ヒュッテ到着、手前に馬ノ背コースを登るカウンターが移設されていた
「お孫さんですか?」「息子です」、この会話は戸蔦別岳以来だけど・・・(年齢差44歳は孫でもおかしくない)
左端の「布部岳」夏道が無いので冬に登ったけど、吹雪で大変だった想い出がよぎる



e0352951_21380982.jpg

バッジを二つゲットした



e0352951_21341374.jpg

右の冷水コースから登り、左の馬ノ背コースを下った
私が夕張岳に初めて登った2009年7月12日と同じコース取り
48歳の私は登り3時間12分、下り2時間48分だった(撮影時間込み、これには今のHiroも付いてはこれない)



e0352951_21481209.jpg

2009年当時の夕張ヒュッテ

息子は大のメロン好きである。レースイの湯で汗を流した後、夕張メロンを買ってあげた。



e0352951_21482124.jpg

息子の喜ぶ顔がたまらなく愛しい。
夕張岳を登れば、夕張メロンを買って、夕張市にお金を落として応援したい。一番高いのを2個買った。
私は5回目の夕張岳、息子は3年連続3回目の夕張岳。
晴れたのは昨年だけだけど、高山植物と独特の地形に、曇っても登りたくなるお気に入りの山の一つでした。

by tmurakami0520 | 2016-06-20 22:01 | 山行記 | Comments(0)

夕張岳1667m~速報版

6月18日に夕張岳への林道が開放された。
例年ユウバリソウの開花に合わせた時期にゲートが開放されるが、今年は土砂が流され駐車場まで入れないと言う。
林道を延々と歩く覚悟だったが、500m前後だった。
昨年より圧倒的に車が少なかったのは天候のせいか、昨年より1週間近く早いゲート開放され気が付かれなかったからか。



e0352951_19244924.jpg

橋の手前にトイレがあり、そこまでしか車が入れない(2015年6月駐車)
橋を渡って右側の駐車スペースも使えない(2009年7月、2011年6月駐車)



e0352951_19290458.jpg

何時も車が溢れている駐車場は広々としている
過去にここに駐車できた事は無い



e0352951_19310884.jpg

シラネアオイが登山道の両側を彩っている
帰りは馬ノ背コースを降りた
息子も金山コースを含め夕張岳の全コースを踏破した事になった



e0352951_19315163.jpg

ユウバリソウに逢いに来ましたが、さすがに時期が早く満開の株は無かった

この後山頂へ向かう途中でアポイでお目にかかったi-tomoさんに出会いました。ブログ再開の件を聞かれましたが、息子にまだ話していなかったため「そのうちに・・・」と答えてしまいました。「つい最近再開しました」と言葉が出ず、この場でお詫びいたします。
3週間ぶりの山行で筋肉が落ちてしまって、「高山植物園」の山歩きとは思えない筋肉痛を来してしまいました(ToT)

by tmurakami0520 | 2016-06-19 19:43 | 山行記 | Comments(0)
5月はアポイ岳、芽室岳&西峰、十勝岳、オロフレ山と、ストレスフリーな山行を細々と行っていた。それでも、息子と山を歩いている間は、悲しみや疲れを忘れる時間だった。

H28.05.29

久しぶりに2時半に富川ICのローソンを出発し遠征?へ。占冠ICから道東道を音更まで。3時半には明るくなり4時20分頃日の出と、すっかり山はサマータイムに。5時半過ぎ糠平湖で朝食とトイレを済ませて、十勝三叉から初めて西クマネシリへの林道へ。



e0352951_20480043.jpg

車を止めて、荒れた林道を歩き始めた

6:59林道→9:29西クマネシリ岳9:38→11:16ピリベツ岳11:45→14:24林道



e0352951_20483062.jpg

基本的に荒れた林道の痕跡を歩く
徒渉や倒木もあるけど歩きやすい道



e0352951_20521637.jpg

林道跡も尾根を越える前に山頂が姿を見せてくれた



e0352951_20541559.jpg

登山道らしい急傾斜になり、ジグを切ったりして森を出る



e0352951_20560516.jpg

右側が崩れた登山道を通過してピリベツ分岐へ



e0352951_20585511.jpg

岩場を行く
昨年槍ヶ岳を登ったとは思えないへっぴり腰(笑)



e0352951_20592540.jpg

最後のハイマツの藪をかき分ける



e0352951_21014533.jpg

西クマネシリ岳は初登頂
たまには私も登場



e0352951_21052550.jpg

ウペペサンケ山と東大雪の豊かな森



e0352951_21055678.jpg

ニペソツ山の展望



e0352951_21071100.jpg

石狩岳・音更山は雲が多い



e0352951_21081638.jpg

ピリベツ岳と遠く北大雪の山々



e0352951_21092418.jpg

クマネシリ岳は残雪期に登りたい山だ
ピリベツへ向かう



e0352951_21111172.jpg

雪が残っていて、踏み跡がわかりにくい
西クマネシリを見上げる



e0352951_21132992.jpg

1415コルからの登り返しは藪漕ぎだ



e0352951_21134964.jpg

武華岳を背に巻き寿司、ラーメン、焼き鳥の缶詰を温めて食べた



e0352951_21150603.jpg

後片付けをしていると山頂標識を見つけて記念撮影



e0352951_21165228.jpg

残雪がある所は歩きやすい



e0352951_21180524.jpg

今季初、キバナシャクナゲに夏を感じた



e0352951_21191169.jpg

1415コルで登り返しを避けて右側の斜面をトラバースした



e0352951_21195536.jpg

ブッシュが少ない季節だから可能だったけど、一部笹の斜面が避けられず、滑落しない様に歩いた
息子も日高で笹は慣れていて、危なげなかった



e0352951_21210105.jpg

登山道への合流は想定より下部へ
ヒグマの姿がなくて良かった(~_~;)



e0352951_21235260.jpg

最後の徒渉



e0352951_21252608.jpg

誰にも会わない静かな山行でした


夏期休暇は常勤医が希望を出して調整する事になっている。3年連続で7月最後の週をゲットできたが、さすがに今年は譲らざるを得なかった。日程の関係で、息子の計画した4年連続となる北アルプス遠征は不可能となった。
諸般の事情で我が家の方針を破り、夏期休暇は山に行かない家族旅行に行く事に決定した。断崖絶壁をたどる穂高の稜線では無く、BMWで行く温泉と観光の旅を息子も今から楽しみにしている。

by tmurakami0520 | 2016-06-17 21:40 | 山行記 | Comments(0)

最後の運動会

私生活、仕事上も色々な事があり、ようやく片付きました。
ブログをサボっていたにも関わらず、多くの方がアクセスして下さっていました(感謝)

6月12日息子の小学校最後の運動会がありました。
応援団に選ばれ張り切って入場。



e0352951_20360976.jpg




最近、身長が150cmと私の肩に届くまで成長しました。
これから伸び盛りを迎える様です。



e0352951_20451668.jpg

徒競走では、何と女子にも負ける😭
私も短距離は得意では無かったから、何も言えないけど・・・



e0352951_20475399.jpg

このゲートも見納め。
次女から長男を通じて、感慨深い。
それにしても、暑がりの私でも涼しい!



e0352951_20514922.jpg

公園のトイレに行ってみると17℃。
入ったら風が無く温かい。



e0352951_20533549.jpg

幌尻は雲がかかっていた。
ひだかの山に見守られて最後の運動会は東南の風が涼しかった。
帰りは13℃。



e0352951_20560255.jpg

息子との親子競技。
最後のおつとめを果たした。

息子のリクエストで、黒ベコで夕食後平取温泉「ゆから」で汗を流しました。
二日後、町長との面談で仕事の方の懸念も一段落しました。
庭のハクサンイチゲは芽吹かず、もう植える事はありません。

特養からも望める幌尻やひだかの山々。
嘱託医として入所者の回診をしながら、ふと窓の外の展望に癒やされました。

by tmurakami0520 | 2016-06-16 21:09 | つぶやき | Comments(2)

山が好きな内科医のつぶやき


by tmurakami0520
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30