人気ブログランキング |

<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ダニ媒介脳炎

17日18時現在台風7号が北海道(日高)に上陸したもよう。風雨が激しい。
日高及び道東各地に被害が出ない事を願っている。



e0352951_17445088.jpg

さて、山に登る我々としては聞き捨てならぬ「ダニ媒介脳炎」の話題。
 道は16日、ウイルスを持ったマダニにかまれ「ダニ媒介性脳炎」を発症した道内の40代の男性が、死亡したと明らかにした。国内での患者の発生は1993年に道南で確認されて以来23年ぶり2例目で、死亡例は国内初。
 道によると、男性は7月中旬、道内の草やぶでダニにかまれた。道内で移動しており、どこでかまれたかは不明という。皮膚科を受診してマダニを除去したが、その後、発熱や意識障害などの症状が出て札幌市内の病院に7月25日から入院。治療を受けていたが、今月13日に病院で死亡した。

 ダニ媒介性脳炎はフラビウイルスを持ったマダニにかまれることで発症することがあり、致死率は、重症化した人のうち2割とされる。道内で同ウイルスを持つ可能性のあるマダニは主にシュルツェマダニとヤマトマダニがおり、草やぶや牧草地に生息している。
 道は、草やぶに入る時は肌が露出しないよう注意を呼び掛けている。

 フラビウイルスと言えば日本脳炎を起こすウイルスの仲間で、日本脳炎は蚊に刺されて感染する。日本脳炎は予防接種しか手が無く、ダニ媒介脳炎も治療法は基本的にはないのが現状だ。つまり、ウイルスを持ったダニにかまれれば、亡くなられた男性の様に除去しても感染してしまう。これは、脅威である。海外では感染例も多く(6000例以上)、邦人の死亡例も報告されている(ドイツ)。

 ウイルスを持ったダニの分布や、ダニのウイルス保有率が分からない以上、防ぐ方法はダニに咬まれない事のみである。これは、野山を歩く人には困難である。
 マダニにはリケッチア感染症もあり、こちらは、ミノマイシンが有効であり、分布も北海道では釧路湿原など多数の感染例から理解も進んでいる。

 ダニ王国「ひだか」にウイルスを持ったダニが、エゾシカに運ばれている危険性が否定できない。ダニに咬まれれば除去すれば良いという安易な考えは、次の犠牲者を生むかも知れない。
 現状では、肌を露出しない事と、ダニチェックをこまめに行い、咬まれれば速やかに除去して、1-2週間後の発熱が無い事を運に任せるしかない。
 また、ひだかの山が遠くなってしまった。

by tmurakami0520 | 2016-08-17 18:37 | つぶやき | Comments(0)
暑い日々、多忙な仕事で体調を崩し、8月11日「山の日」は病棟回診へ。
看護師から天気の良い「山の日」なので山に行っているものと思われ驚かれた。
台風接近中だけど、天気に恵まれた週末。14日は所用がある。昨年はチロロへ向かう途中でエゾシカと衝突事故
ひだかはダニ王国だし、暑いし・・・
2年前の8月10日、暴風に撤退したコースを再挑戦する事にした。


H28.08.13


e0352951_10553066.jpg

3時半富川ICのローソンを出発した。体調が悪く眠い! 昨年のエゾシカとの衝突事故現場も無事通過。日高峠、金山峠も、どこでエゾシカが飛び出してくるかは分からない。天気は良く、芦別岳も良く見えた。6時過ぎ十勝岳温泉の駐車場に到着し、息子を起こして朝食後登山準備した。

6:24十勝岳温泉→10:05十勝岳→10:55カミホロ避難小屋(昼食)11:30→13:41十勝岳温泉



e0352951_10554725.jpg

このコースは最初は木陰がある
暑さに汗が噴き出す私を、エゾウサギギクが笑っているようだった



e0352951_11041584.jpg

階段をリズミカルに上ると待望の風があり、十勝岳山頂が展望出来た



e0352951_11063963.jpg

ハイマツの海の向こうに富良野岳
「今日は天気が良いね」と息子
昨年6月は展望の無い中、富良野岳へ周回したのが息子の印象らしい



e0352951_11080992.jpg

ミヤマリンドウは沢山咲いていた



e0352951_11133544.jpg

日陰が無く暑い中の休憩
風だけが「頼り」
2年前と異なり、今の息子は暴風でも登る事が出来る



e0352951_11143858.jpg

上ホロカメットク山から安政火口を見下ろす
十勝岳温泉、上富良野も展望が良い



e0352951_11185457.jpg

2年前の8月10日、避難小屋の先で撤退した
暴風で転倒滑落しては何もならない



e0352951_11170434.jpg

撤退した2年前と違い晴れて暑い
期待した風が爽やかで助かっている



e0352951_11233560.jpg

また来てしまった十勝岳山頂



e0352951_11235311.jpg

7月23日に周回した美瑛岳
遠くトムラウシも大雪の山々も展望出来た
小学生兄弟を含む家族四人が美瑛岳へ向かって行った



e0352951_11284111.jpg

境山-下ホロカメットク山、雲海に浮かぶ日高山脈



e0352951_11294993.jpg

富良野岳の奥に雲のかかった芦別岳、左に夕張岳
展望を満喫出来た



e0352951_11295781.jpg

火口の噴煙も風が吹いている事を示している



e0352951_11312341.jpg

小屋の日陰で湯を沸かしたが、トイレのハエが来るので小屋前で食べた



e0352951_11322032.jpg

水場に咲くエゾコザクラ
登り返しが暑く堪えた



e0352951_11343168.jpg

頼みの風が弱まり、気温が27℃
汗が噴き出した息子は富良野岳の周回をパス
私も体調がすぐれず、この気温には耐えられないので下山



e0352951_11343788.jpg

チングルマの果穂



e0352951_11364275.jpg

イワギキョウも沢山咲いていた

テント泊装備のグループ3組とすれ違った。
今の私には、重装備を背負って山を楽しむ余裕がない。

折角、十勝岳温泉で汗を流しても、ジュース1本で汗が噴き出した。
8月28日は通行止めになる看板が。途中のパーキングに白バイがいた。この路線で初めて見かけた。
富良野は31℃。エアコンで涼みながら日高路を帰った。

by tmurakami0520 | 2016-08-14 11:49 | 山行記 | Comments(0)

羅臼岳1661m~道東山行旅2

朝5時半ウトロのセブンで買い出しをすると、無情にも雨が降り始めた。
岩尾別登山口に駐車して、車の中で朝食後登山準備をした。

H28.08.05


e0352951_08391660.jpg



雨の中登山開始

6:05木下小屋→10:33羅臼岳山頂→12:00銀冷水(昼食)→14:00木下小屋



e0352951_08421741.jpg

オホーツク展望台近くに咲く(タカネ)ナデシコ



e0352951_08470842.jpg

本降りでは無くなりアウターを脱いだ(暑い)



e0352951_08482085.jpg

ここで1回目の休憩
風が強く気圧の谷が近付いている



e0352951_08503590.jpg

小雨の中2回目の休憩



e0352951_08512553.jpg

前回撤退地点を通り過ぎる



e0352951_08521247.jpg

前回のGPSログ
もう少し頑張れば大沢だった



e0352951_08504256.jpg

大沢はチシマキンバイが咲く高山植物の楽園



e0352951_08534138.jpg

ガスと小雨の中3回目の休憩



e0352951_08545386.jpg

風が強くなりアウターを着た



e0352951_08560405.jpg

暴風+雨&視界無しで、レイングローブを着用しリュックをフードロッカーにデポ



e0352951_08565889.jpg

石清水の水も飲む気になれない風雨
私はリュックを背負っている(万一に備えるのが親子登山)



e0352951_08593721.jpg

ハイマツの森も無くなり足元にはチシマクモマグサ



e0352951_09012880.jpg

チングルマ、アオノツガザクラ(中央下)、ピンクのエゾノツガザクラなどに励まされ、岩場を登る



e0352951_09030631.jpg

山頂は爆風だった



e0352951_09044613.jpg

登山者に撮って頂いた



e0352951_09061355.jpg

20年前の山頂



e0352951_09064534.jpg

本当はこんな風景が広がる事をHiroは知らない
展望無く長居は無用と下山開始



e0352951_09073831.jpg

途中で小学2年生とすれ違った
いくら小学生低学年遠足コースとは言え、この気象では小2には厳しい
デポしたリュックを回収



e0352951_09074988.jpg

デポしたストックも無事回収
こちらは杖代わりに持ち去られる危険性があり、たたんでリュックに背負うのが本州流
リュックの濡れを避けたかった



e0352951_09114437.jpg

硫黄山の方に行きたかったのだけど、この気象では無理
じっとしていると低体温症の危険性がある



e0352951_09174457.jpg

風の弱まった銀冷水で昼食
全身が汗で中から、風雨で外から濡れている



e0352951_09175849.jpg

何とオホーツクは晴れていた



e0352951_09195596.jpg

これで息子は北海道の百名山を全て登った事に、お疲れ様でした
羅臼の雲の流れは速く、風はまだ続いていたと思われた
ホテルに戻って温泉で汗を流した



e0352951_09235593.jpg

夕食のビュッフェ
テント泊のハングリー精神の欠片も感じられない



e0352951_09480795.jpg


平取町紫雲古津の手前、50km/h制限の所で時々行っている。
阿寒国道でも見かけたが、開放された後だった。
この6日7日(土日)が絶好の山日和だった。夏期休暇で無ければ、ひだかにテント泊で出かけたかも知れない。

前回のウトロは海別岳登山後であった。偵察も兼ねて、積雪期羅臼を狙ったけど、仕事と気象の悩ましい関係で機会を逸した。
知床は遠く、夜を徹して車で移動して登山、ないし羅臼登山後運転して帰る体力と気力がない。居眠り運転で事故は絶対に避けなければならない。
エゾシカの飛び出しを避け、交通取締の罠をくぐり抜け450kmを6時間で無事帰宅した。

by tmurakami0520 | 2016-08-07 09:41 | 山行記 | Comments(0)

藻琴山1000m~道東山行旅1

夏期休暇の前半は天候に恵まれず、8月3日の日高門別は曇で涼しく絶好のガーデニング日和だった。前半の家族旅行で、夏バテ状態だったが、何とか体調を整えた。
8月4日、満を持して道東へ。吹雪で羅臼岳敗退は屈辱的で無念であった。



e0352951_16562864.jpg

3時半富川ICのローソンを出発した。前日ネットで道東道の工事通行止め解除を確認したけど、十勝清水ICで降ろされ、音更まで15分のロス。阿寒湖のセブンでトイレ休憩&食料買い増しした。
双岳台で雄阿寒、雌阿寒、阿寒富士の阿寒三山を展望。



e0352951_16565872.jpg

藻琴山展望台から屈斜路湖は雲海の中だった



e0352951_17032799.jpg

H28.08.04

8:48展望台→9:39藻琴山9:45→10:23展望台



e0352951_17042675.jpg

登山口が25℃と猛烈な暑さ、日焼け止めクリームにスズメアブ(ブヨ?)に纏わり付かれた😭



e0352951_17092402.jpg

暑さに汗でビショビショ、アブの猛攻撃で休憩もままならず
雲海が消えて現れた屈斜路湖



e0352951_17093105.jpg

屏風岩の下に紫色のチシマセンブリを肉眼で確認



e0352951_17113712.jpg

屈斜路湖の展望台
夏に来る所ではありません
ノイシュロスに泊まって、この山に登るのは想い出に藻を・・・



e0352951_17142080.jpg

何という原始の森だろうか
ヒグマの姿は見えず(残念)
汗まみれで下山、虫に追われる様に車を走らせた



e0352951_17164573.jpg

ウトロまで車の冷房で汗を乾かす
Hiroの希望で熱いラーメンでまた汗をかく



e0352951_17183622.jpg

知床峠も25℃
風が心地良い
展望を楽しみながら汗を乾かす



e0352951_17213704.jpg

雲が取れ、山頂が展望出来た*^^)
「山頂は風が強いね」と息子、雲の流れが速い



e0352951_17214558.jpg

Hiroの希望で27℃の知床五湖でまた汗をかく



e0352951_17232424.jpg

1湖、私は24年振り
24年前は木柵道も歩行規制も無かった
知床連山は雲の中



e0352951_17233351.jpg

ウトロ温泉で汗を流し、夕食のビュッフェ
本当はテント泊で硫黄山まで歩きたかったが、大雨で大荒れの先週の様子から、医師らしいちょい贅沢な山旅(家族旅行に比べれば、質素なつもり)
テント泊山行こそ、山屋の真骨頂であり、夏の羅臼岳なんて小学生低学年の遠足と思いつつ、露天風呂から見えた羅臼岳に20年振り登頂を誓った

by tmurakami0520 | 2016-08-06 17:33 | 山行記 | Comments(0)

函館・積丹旅行2

8月1日(月)から2日(火)
客室露天風呂に入った後朝食



e0352951_10433836.jpg

ビュッフェでは、無駄なカロリー摂取と言う愚かな行為
ホタテの陶板焼きも美味しかった



e0352951_10460368.jpg

ガソリンを入れた後、向かったのは北海道新幹線の駅



e0352951_10480231.jpg

ちょうど東京行きの列車が出る所で、息子は初めて「新幹線」を見る事が出来た
京都に居れば、便利な交通手段なのだけど
これを利用して東北の山へ行きたいが、函館までは遠すぎる
距離だけでは無くて、様々な罠が仕掛けられている



e0352951_10493360.jpg

函館を出るまでは晴天だったが、雨に
最初の覆面は、八雲を過ぎてから
制限70km/hだけど130km/hで走る車の後ろを着けていた
制限の3倍で走る事も出来ない(笑い)



e0352951_10544247.jpg

いつもの黒松内JCTにて
函館まで1時間半位で行けなければ、新幹線を使うメリットは無い
せめて全区間4車線にしてくれれば・・・

黒松内から倶知安へ。暑い中札幌ラーメンを食べて、岩内から泊村の原発を通った



e0352951_11054365.jpg

神恵内で海の美しさを楽しむ
曇なので海は青くならないけど、雨よりマシ



e0352951_11062962.jpg

神威岬
蒸し暑くて岬まで歩かず
息子は歩く気満々だったが・・・



e0352951_11105617.jpg

曇だったけど、澄んだ海水に積丹ブルーの一端を垣間見た
晴れれば水平線が青いはず、と心の目で



e0352951_11125449.jpg

雷雨の後の小樽で向かった宿



e0352951_11151486.jpg

客室温泉風呂、窓を開ければ海が見える



e0352951_11165779.jpg

2日は小樽観光、小樽は学生の時以来、大阪の病院旅行でも何度も訪れている
2時間半で切り上げて帰った
日高門別も27℃と本格的な夏になっていた

様々な想い出を上書きする旅となった。
山に登らないため、次女との旅行はこれで最後。
人生の想い出は、ピリオドで区切られても、心からは消えない。

by tmurakami0520 | 2016-08-03 11:44 | つぶやき | Comments(0)

函館・積丹旅行1

次女が高1、大学進学を目指すのなら最後の家族旅行のチャンスである。
虫を毛嫌いする次女&胸腰椎破裂骨折で山歩きの出来ない家内。
夏期休暇取得競争に遅れを取り、山に行かない家族旅行にBMWで行く事になった。
今年新調したモンベル半袖、山に行かない家族を率いて何が出来るのだろうか?



e0352951_15500670.jpg

7月31日6時日高門別を出発し、鵡川で豪雨となった。でこぼこの日高道の轍に、FRでリアが流れフロントの抑えも利かない。制限速度+10km/hの優良運転(笑)
道央道に入ると霧雨に。



e0352951_15575203.jpg

黒松内JCT近傍は取り締まりエリアだけど、手前の伊達の先でお気の毒。先を急ぐ旅ではないので、速い車の後をつける。BMWの睨みが利かないよう、車間を開ける。駒ヶ岳は雲の中だけど、一日中雨の予想に反して薄日が差して暑い大沼公園へ。



e0352951_16063819.jpg

27℃、額と背中を汗が流れる。7年前の旅行を当時4歳のHiroはもちろん、8歳だった次女の記憶も曖昧。



e0352951_16104375.jpg

蒸し暑い五稜郭公園へ。7年前は工事中だった奉行所へ向かう。



e0352951_16133059.jpg

前の親子の姿が「夏本番」を思わせる。初めて訪れる函館奉行所へ入る。



e0352951_16141514.jpg

入館すれば、日陰は風が有り難い。暑さで、頭がオーバーヒート。希代の暑がりが、夏に観光旅行なんて「大雨が降る」。実際に、大雪山系や道東は大雨に(私のせいでは無いと思います)



e0352951_16161014.jpg

更に暑くなり、タワーへ。周りのアジア語が、余計に蒸し暑く感じた。奉行所を見下ろすも、駒ヶ岳は雲の中。



e0352951_16204914.jpg

函館山まで展望出来て、思いの外に良い天気に恵まれました*^^)



e0352951_16224426.jpg

足元から下が見える。穂高の岩壁に比べたら、高度感は感じない。3ピッチ下と言うだけ。
12時が近付き、息子のリクエストの函館ラーメンを食べに函館駅へ急ぎます。



e0352951_16235219.jpg

函館市内は、路面電車と併走する。7年前は、路面電車に乗った事を子供達は覚えていない。その後、同年役場の旅行でもNs達と市内観光へ。



e0352951_16283814.jpg

この店に入るのは何度目だろう。想い出が交差する。
Ns達と食べたのが最初だったはず。



e0352951_16261748.jpg

「80年代」の少しコッテリした塩ラーメン。美味しかった。汗が噴き出た。
前は「70年代」メニューだった。



e0352951_16295650.jpg

金森倉庫へ。買い物は苦手で、少しでもエアコンの風のある所で「酸素切れの金魚」。



e0352951_16310711.jpg

旧イギリス領事館へ。勉強して、偉く成りなさい!私の書斎より何十倍も豪華(私の努力はその程度だったと言える)
机だけでも数百万円する。その位、自分に投資出来ない様では・・・



e0352951_16330316.jpg

公会堂へ。想い出は交差している。ただ、暑いのみ・・・
ここもNs達と歩いた記憶がある。



e0352951_16355422.jpg

お洒落な店でカフェして、ブラタモリでも放映された八幡坂。天気は、益々ご機嫌の様子(~_~;)
汗まみれで車に戻り、湯の川温泉のホテルへ。



e0352951_16391580.jpg

7年前は本館に泊まったけど、今回は別館の客室露天風呂付の部屋へ。



e0352951_16392557.jpg

露天風呂から函館山が見えていた。
大浴場で温泉を楽しみ、ビールを飲みながら、クーラーを利かせて、暑さをしのぐ。



e0352951_16404264.jpg

夕食はビュッフェ。刺身の盛り合わせと毛ガニが付く。
子供達は大喜び。



e0352951_16424314.jpg

7年前はバスツアーだったけど、タクシーで夜景を。
もの凄い混雑で、夜景を楽しむと言うよりは、映画を見て帰った様な感じだった。
客室露天風呂で汗を流した。

7年前は、移住後初の南アルプス遠征登山(単独行)の残りの休暇で家族旅行。長女も一緒だった。社会人となった長女は仕事。
11月には再び役場の旅行で函館を訪れた。今回の想い出で、記憶は上書きされた。
観光旅行は苦手だけど、温泉に癒やされた。

by tmurakami0520 | 2016-08-02 16:52 | つぶやき | Comments(0)

山が好きな内科医のつぶやき


by tmurakami0520
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31